美(ちゅ)ら海水族館
 昨日レンタカーを借りた時に、勧められて美ら海水族館の割引券を購入した。

 沖縄に行くのなら「是非水族館に」と思っていたから、ありがたく購入した。 が、車を走らせていると、コンビニ・レストランとどこででも販売している。
 それだけ観光客にとって、水族館が人気となっているのだろう。


f0066555_20323837.jpg 水族館のある「海洋博記念公園」自体は、無料で入場できる。

 花で作られたヤンバルクイナ・石川カエル等々のある公園、ジュゴンのいる水槽、イルカのショーなどは無料で見られる。
 近くに住む子供たちにとっては、うれしいことかも知れない。


f0066555_20434020.jpg 水族館に入ると、色鮮やかなヒトデなどに触れる水槽があり、子供たちが群がっていた。
 触った後の手はきれいに洗える設備も整っているし。

 そして同じく鮮やかな色・模様の魚たち。
 思わず見とれるばかりで、気がつくとあまり良い写真は撮れていなかった。


f0066555_20542126.jpg ぐる~っと回り込んで、この大きな水槽の前に来る。

 大きなジンベエザメ・マンタ・エイなどユッタリと泳ぎ、同じ水槽には小魚たちも泳ぐ。
 「食べられたりしないの?」と心配だったが、「アクアラボ」で飼育係から、ジンベエもマンタも主食はオキアミなんだと教えていただく。


f0066555_21115113.jpg ジンベエ・マンタほど大きくは無いが、左右のヒレを大きく上下させるエイの泳ぎっぷりは、豪快で実に気持ち良さそう。

 飼育係の人に勉強させてもらい安心したせいか、大きなジンベエの背に乗り、マンタの体の下に寄り添って泳ぐ小魚たちは、「頼りになる兄貴」と思っているように見える。



 水族館を出て、ジュゴン・カメなどの水槽をめぐり、イルカの水槽へ。
 残念ながらイルカのショーは終わっており、次ぎのショーの時間までにはかなり有る。 本当に残念。

f0066555_2125188.jpg ただうれしいことにそばの小プールで、イルカにどのようにしていくつかの芸を覚えさせるかの実演があった。

 最初はボールに触れさせるだけ。 水中に輪をいれ(ジャンプなしで)くぐらせる。
 少しづつレベルを上げていく。 合図には超音波の笛を使う。 …など。

 そしていくつかの基本的なワザを見せてくれる。
 上の1枚だけはたまたまタイミングが合ったが、ひたすらジャンプの後の水しぶきを撮っていた。



f0066555_21333465.jpg その後、今帰仁城跡など数箇所を回り今日の宿へ。

 前回来たのは、世界遺産に登録される前。
 その時は周囲の色々な施設など、一つも無かった。 そして入場料も無料だった。

 整備され、一方で新たな発掘も進められている。 入場料が遺産の維持・修理・発掘に役に立てば良いと思う。



 実はこの後、ウォーキングなどが好きな妻は比地大滝まで行くのを楽しみにしていた。
 その起点になる駐車場に着くと、無情にも「工事のため、3月末まで立ち入り禁止」の看板。

 近くの「やんばる野生動物保護センター」や、比地川上流までのドライブで時間をつぶしたものの、予定より大分早く宿に入ることに。
[PR]
by t_ichib | 2009-03-01 22:09 | 今日もまた旅の空
<< 裏道? 石垣島から那覇へ >>