2度の計算違い
 この連休は高速道路がどこまで走っても1,000円。
 …ということで、私も利用した。 大した距離を走ったわけではない。 通勤割引なら1,300円の距離を1,000円という程度のお得。

 Uターンラッシュが始まりつつある東名の上り線。 お得分以上に渋滞が心配だった。
 それに今回は、「僕が運転する」って息子が言うし。 助手席で少々緊張。 思ってより安全運転だったが。


 行き先は毎年恒例の、妻の実家。 兄弟たちが集まっての会食が待っている。
 帰省中の息子が同行したのは、久しぶりに(社会人になった)息子の顔が見たいという伯父・叔母(妻の兄・妹)のリクエスト。
 以前ならきっと「行かない」と言ったはずの息子が承知したのは、大人になった証し?
 それでも、伯父・叔母たちから質問攻めになるんじゃないかと、少々怖じてもいたが。


 そうしたイベント?を無事終え、6日に息子を新幹線で送り出した後、私たちは少し寄り道をして帰路に。
 妻の実家の豊橋から、そう遠くない茶臼山の国民休暇村が行き先。


 休暇村はこじんまりとした施設。 客室は25室。
 当日の宿泊は、ほとんど私たちと同世代かそれ以上のご夫婦が30人くらい。 駐車場の車を見ると、ずいぶん遠距離からなのに驚く。


 高速を利用すればわずか自宅まで2時間強で帰れるのに、ここに宿泊することにしたのは、休暇村のホームページに紹介されていた芝桜。
 「芝桜まつり」が5/10から開催される。 少し早めだが今年は暖かだったら「もういいかな?」と。

 宿の着いて、さっそくフロントに聞いてみると、「後2週間くらい…」と。
 最近撮った芝桜の写真を見せてくれた。 かなりひいき目に見ても、薄~くピンクっぽいかな?
 「うーん、計算違い」だった。


 もう一つの計算違いが、雨。 連休前の週間天気予報では、連休の後半は天気も回復しそうだったので、宿を予約した。
 それなのに、天気の不順は後へ後へとずれ込み、結局6、7日とも雨。

f0066555_1033379.jpg 晴れていなくても、せめて雨が小止みになってくれてさえいたら、薄~い芝桜の間を歩いてみたかったのに。

 せっかく1泊したのに、雨に煙る山並みとつつじなど2、3枚の写真を撮ったのみ。

 ことあるごとに、「私は晴れ女」と自慢する妻。 せめて、今月14日の春音の保育園の「親子遠足」の日は、必ず晴れにしてやって。
[PR]
by t_ichib | 2009-05-08 10:14 | 今日もまた旅の空
<< そこに階段があるから… Outlook Express... >>