心配… 収穫…
 すっかり丈夫になって、めっきりジジ・ババの出番がなくなってきていた所へ、久しぶりの臨時託児所への「お助け」コール。

 25日(日)、前日あたりから春音が38度の熱を出したとのこと。
 翌日が楽しみにしていた「芋掘り遠足」なので、ぎりぎりまでヤキモキしたようだが、天気予報が雨ということで「延期」の連絡が入り、保育園を休ませることにしたようだ。

 連日のように報道される「新型インフルエンザ」も心配だったが、我が家に来てからは熱をぶり返すこともなく、何はともあれ一安心。


 その夜、心配した娘が我が家に泊りに来て、大事をとってもう1日休ませることに。
 というよりも、雨のためほとんど外へ出ることもならず、退屈しっぱなしの春音たちに「もう1日私たちのところで遊ばせてやりたい」という気持ちで…
 もう1日孫たちと遊べるジジ・ババにも、異存はない。



f0066555_10562871.jpg 春音と彩乃が我が家に来たらぜひともやりたいと思っていたリンゴの収穫。

f0066555_10553472.jpg




 大きくおいしそうなのは、「台風に落とされる前に」と少しずつ収穫していたので、この日の収穫は5個ほど。
 今シーズンは合計20個ほどだった。
 通勤帰りの娘に手渡したり、リンゴジャムにしたり… 来年はもっとたくさん収穫できるといいのだが。



f0066555_1113651.jpg 昼食後は小さい時から何度も連れて行った「だんだん公園」に。

 滑り台・ブランコ・砂場、どれも小さな子供でも楽しめるものばかり。
 シーソーは孫たちがもう3、4人いないと私の体重と釣りあわない。

 初めての滑り台にも怖がらなかった春音に比べ、彩乃は階段を上がる時も滑り降りる時も、少し慎重。
 滑り台で加速する時、ちょっと顔が引きつる。
 それでも、それを3、4回くり返す。 大人が怖いのに、ジェットコースターを好きなように。



 私たちの話すことは分かっているようだが、まだまだ言葉が出ない。
 と思っていると、「大きな栗の木下で」の音楽に合わせて、身振りだけでなく片言の歌詞が出てくる。

 お父さんに言わせると、「イヤ」とか「バカ」という言葉も出てくるとか。
 「バカ」は、きっとお姉ちゃんの影響?

 今のところ、それ以外には身振り手振りだけで「生活」に不便を感じていない。 ??
 きっとお正月過ぎには、困るくらい賑やかになっているのでは。
[PR]
by t_ichib | 2009-10-29 12:03 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 西安3日間① 喫煙者の悲哀 兄弟旅行② 楽しいことも、不愉... >>