新春 大雪
 昨日の大晦日の朝は暖かく晴れていた。 そして2時過ぎから、天気予報どおり雪が散らつき始めた。
 はじめは木や草の上にうっすら、アスファルトの道路は降った雪がすぐ溶けていく。


 夜、紅白歌合戦が始まる頃には、窓の外を見るたびに5cm、10cmと雪の量は増えていく。 そして、今朝は…

f0066555_15572974.jpg 先月の初雪の時をはるかに越える雪の量。

 実は今日は娘夫婦が我が家に食事に来ることになっていた。 それもこの大雪で取りやめ。
 少し残念でも、雪道でスリップ事故を起こしてもつまらない。
 電話で元気そうな声を聞いたことだし…


 一方、息子はこの正月は帰省しない。 入社早々に「正月に家に帰れるとは思うなよ!」と、釘を刺されたとか。
 詳しくは分からないが、サポートしている客先のシステムなどのメンテナンスがあるのだろうか。

 年末近くになって、「8日から休みが取れたので、帰省する」と連絡があった。


 というわけで、2人っきりは普段同様。 いや、雪に閉じ込められている分だけ、普段以上。



 そうそう、正月の雪で除雪が進まないのか、我が家にはこの時間まで年賀状が届いていない。

 朝、新聞の配達も大幅に遅れていた。 その時、「年賀状の配達の高校生たちは、きっと大変だろう」と思った。
 だから、年賀状は少々遅れても、あるいは明日になったとしても、雪道で事故のないように。

 差し出した人は1週間とか半月前には出しているはず、緊急の用事やニュースがあるはずもないのだから。
[PR]
by t_ichib | 2010-01-01 16:30 | 今日もまたなにごともなく
<< 世間は狭い? きつ~い早めのクリスマスプレゼント >>