伊豆半島 ①
 オーロラ観測ツアーから帰ってすぐ、今度は恒例の妻の兄弟たちとの旅行に出かけた。 伊豆の「河津さくら」を見にいく。


 いつもどおり、最初のドライバーは私。 レンタカーを借り、兄弟たちの自宅に立ち寄り拾い集めていく。

 そこでいきなりのトラブル。 いつもいつも何かしらアクシデントはあるんだが…

 レンタカーは、義姉が懇意にしている車の修理工場が前夜のうちに借りてきて、工場の敷地に置いてくれている。 (車やカーナビの説明などもなく)
 車は最新のアルファード。 スマートエントリーとかいう(初体験)ボタンでエンジンを始動するヤツ… が、ボタンを押してもエンジンがかからない。

 さんざん悩んだ末、修理工場の社長を携帯で呼び出す。 早朝たたき起こされたおっさんは、とんだ迷惑。 結局、ブレーキを踏んでいないとエンジンが始動しないようになっているらしい。

 最新の車は、いろいろな安全対策が施されていて戸惑うことが多い。
 実はこの後、車を止めリモコンでロックかける時、エラー音がしてうまくかからない。 何度もドアを開け閉めし、サイドブレーキをしっかり掛け直したりで、ようやくロックできた。

 車を駐車するたび、男3人で首をひねる。 どうして??



 出かけて来る前の天気予報によれば、9時過ぎには晴れてくるとのことだったが、それは愛知県のこと。 雨とともに移動しているのだから仕方がないが、傘を差しての観光はなんともうっとおしい。

f0066555_10565161.jpg 韮山反射炉
 江戸時代末期に黒船の襲来に備え、各地で大砲を鋳造するのに使われたもの。

 長い鎖国政策のため技術が停滞していた日本にとって、画期的な技術だったらしい。
 欧米では、さらに効率の良い技術にとって代わられ、反射炉が残されていないという。


f0066555_11144571.jpg 反射炉の見学を終えると、流れに沿っておみやげ屋に入る。
 その店の2階に「吊りびな」が展示されていた。

 私にとっては、初めて目にするもの。
 別のコーナーには五月の節句用の「おとこ飾り」もあった。



f0066555_11301597.jpg その後も小降りになったものの雨は降り止まず、サボテン園に着いた頃には霧まで出てきた。
 そして寒い。 寒さはここが高い所にあるせいか。 園内にいる動物たちも体を丸くしているように見える。

 チンパンジーのショーを見たり、さまざまなサボテンを見たりしながら、所々においてあるストーブに手をかざす。



f0066555_11405615.jpg 城ヶ崎海岸 門脇吊り橋

 門脇灯台などをめぐる遊歩道がある。 灯台から岬の先端へは下り坂。 雨上がりなので少し気をつけて。
 晴れていれば伊豆大島がしっかり見えたのに。 薄~く島影が見えたようにも。




f0066555_1264279.jpg 今回の旅行の主目的でもある河津さくら

 駅近くの駐車場に車を停め、駅前から堤防沿いに続く屋台のお店の間を歩く。
 この地の名産品金目鯛の干物、「1枚650円のところ2枚で1000円」の声につられて買ってしまう。
 女性陣はお店の人に勧められ、試食を繰り返す。 まさに「花より団子」


 この河津さくらは40年ほど前、偶然発見された1本の原木からここまで増殖された。
 そのあたりのことを十分予習してきた義妹が、f0066555_1949287.jpg屋台の人などに原木の位置を確かめながら、私たちを先導していく。

 川沿いの桜並木のほとんどハズレまで進み、そこから国道のほうに曲がる。

f0066555_2031357.jpg 河津町田中に住む池田さんが、昭和30年ごろ持ち帰った1本の苗木がこの原木。
 10年たってやっと開花したさくらは1ヶ月もの間咲き続け、近隣の注目を集めたとか。

 花の時期の長さよりも、花が咲くのを待ち続けた10年の長さの方が、私にとって驚きだった。



 河津町の駅を通りかかった時、電車を待つ観光客の多さにびっくり。 河津さくらって「すごい人気なんだなぁ」と思ったのだが、宿のテレビニュースでチリ地震の津波の影響で、高速道路・鉄道がストップされていたせいと知る。

 いつもは土日に計画している旅行を、今回は日月にしてラッキーだった。 つらい経験をした人たちには申し訳ないが。
[PR]
by t_ichib | 2010-02-28 23:04 | 今日もまた旅の空
<< 伊豆半島 ② アラスカ オーロラ観光 ② >>