親ばかの旅①
 息子が就職して1年。 先月会社の寮を出て、マンション住まいとなった。
 寮は横浜にあり、息子の所属する事業所に通うには少し遠いというのが、引っ越しの理由。
 寮とは言っても、バス・トイレつきの贅沢なくらいの個室、将来転勤の可能性もあるし、親としては「もう1~2年ようすを見てからにしたら…」とも思うのだが。

 港区三田の1Kの部屋、京都の学生時代の部屋より少し狭いくらい。 それでいて部屋代は倍位の10万円。 会社から住宅手当が6万円支給されるそうだが、田舎暮らしの親にはびっくり。
 岐阜市に住む娘夫婦のマンションだと、2LDK・車庫付きで8万ちょっとなんだから…


 そんな気持ちを抱きながらも、どんなところに住んでいるのかを見て安心もしたいし、少々の荷物を積み込んだ車で東京に向かう。 ついでに千葉・茨城・埼玉などで3~4泊、観光もしてと。

 前回首都高速で道に迷ったので、今回はgogleのルート案内で、2~3日前から予習。



 途中3回ほどSAで小休止をとり、約4時間半で東京着。
f0066555_9355046.jpg ここ2、3回この近くを通りながらも、雨だったり夜だったりで見られなかった富士山。

 トンネルを抜け目の前に大きな姿を現したのに、100kmで走っているので、「カメラ、カメラ」と助手席でごそごそ探しているうちに、次の山に隠れてしまう。


 予習の成果とカーナビのおかげで無事息子のマンションに到着。
 築後1年と新しく、狭いながらも機能性に優れているので、10万の家賃にも納得。 何よりも息子が元気そうにしているので…
 ランチは学生時代と違い、息子のおごりで。 …無理やり。



 息子のところでは3時間ほどゆっくり。 そして再び首都高速からアクアラインへ。

f0066555_1027169.jpg ぜひ行ってみたいと思っていた「海ほたる」
 「駐車場満車」の表示を何度も見て不安になったが、東京側からの侵入はスムーズ。 反対の木更津方面からはすごい渋滞。
 潮干狩りなどを木更津方面で楽しんだ帰りに、「海ほたる」に立ち寄ろうとした車が多いのだろう。

 東京湾を取り囲むようにそびえる高層ビル、反対側の木更津が一望でき、お天気も絶好。
 撮った写真を改めて見てみると、大きな船に乗っているかのようにも思える。


 後は潮が満ちてきて、潮干狩りの観光客が帰った後の海岸線を通り、君津のホテルへ。
[PR]
by t_ichib | 2010-04-25 23:25 | 今日もまた旅の空
<< 親ばかの旅② ⇒突然中止 スペイン⑦ 再び長~い帰路に >>