期待はずれ…でも、うれしい発見も
 テレビにも、新聞にも少し遠い所の「菖蒲園が見ごろ」だという紹介が続く。

 「それじゃあ!」と自宅から20分あまりの曽根城公園に出かけてみた。

f0066555_9105155.jpg ところがあまり咲いていない。

 長靴を履いて菖蒲の手入れをしている2、3人の人に聞いてみると「見ごろは1週間ほど先」とのこと。
 ここには幾種類もの菖蒲があるのだが、咲いているのは2、3種類。



 ちょっとがっかりだったが、もう半月ほども前のニュース「神戸町に新しくバラ公園ができた」ことを思い出し、そこに行ってみることに。



 曽根城公園は大垣市だが、神戸町とのほとんど境界にある。 たしか、そのバラ公園はここから近いはず。

 曽根城公園の背後は堤防道。 そこを三々五々ウォーキングを楽しむ人がいる。
 その一人に聞いてみると、「ここから10分くらい」のところにあり、このまま堤防道を進めばよいそうだ。 「野球場の隣」にあると親切に教えていただく。



f0066555_101533.jpg たしかに、10分ほど歩くと元気な少年野球の掛け声のむこうに、バラが見えてくる。
 ここは他のバラ園に比べ、ピンクのバラが目立った。

 とても今年オープンしたばかりとは思えないほど、見事に咲いている。

 「バラの町、神戸町」という町の面目にかけて、中途半端なものにはできないのだろう。


 私たちが毎年、何度も出かける隣の大野町のバラ園より、倍以上も広い。
 数年もしたらこのバラが大きく育ち、大野町をしのぐことになるかもしれない。


f0066555_10271119.jpg 「ちょっといいな」と思ったのは、堤防道からの落差を利用した長い滑り台。

 春音は喜ぶだろうな。 綾乃はまだ怖がるかな?

 園内は芝生が多く噴水なども設置されており、「いこいの広場」というのが正式名称らしい。



f0066555_10383924.jpg だからバラばかりでなく、すぐ隣に菖蒲園もある。

 最初に行った曽根城公園の菖蒲と違い、こちらはほぼ満開。
 残念ながら、種類が少ない。 (菖蒲はバラのつけたし?)



 というわけで最初はちょっとがっかりだったが、新しい「バラの名所」を発見でき、また来年その翌年とバラの成長を楽しみにできる。
[PR]
by t_ichib | 2010-06-05 23:04 | 今日もまた留守にしています
<< 毎年々々のササユリ 各務原航空宇宙科学博物館 ついでに >>