メキシコ旅行① 海外から初のインターネット
 メキシコ旅行1日目はずっと空港あるいは飛行機の中。 それが1日以上、疲れた。

 とは言っても、ホテルに着けばゆっくりできる。 …はずだったのだが、部屋に着くとまだ部屋が掃除中。 (こんなことは始めて。 他の何組かも同じ目にあっていた。)

 体を休めることができないのはちょっとつらいが、そう怒ることでもない。 恐縮したメイドさんが、しきりに謝りながら大急ぎで部屋の準備をしているのを見たら、なおさら。


 ともかく重い荷物だけは預かってもらい、待つ時間を利用して近くの散策でも。


f0066555_10275474.jpg 適当に歩き始めてしばらくの交差点で、ふと右の方を見ると噴水らしきものが。
 「行ってみよう!」とその噴水の方へ。

 後で分かったのだが、そちらは有名な「レフォルマ大通り」、噴水の上の像は「女神ディアナ」だとか。


f0066555_10301688.jpg その大通りのこちら側・向こう側にちょっと不気味な、こんな飾り物がたくさん並べてある。

 不気味と言ったがとてもカラフルで、よく見るとユーモラスでかわいい。
 たまたま出会った子供たちも大喜びで、その前でポーズを取り親たちに写真を撮ってもらっていた。


f0066555_10312124.jpg このハリボテたちは、カトリックの国メキシコの休日でもある「死者の日(11月2日)」を祝うパレードを彩る「お化けたち」らしい。

 パレードがこれから先の予定なのか、すでに終わったあとの「お化けたち」を展示しているのか、スペイン語オンチの私には分からない。

 ガイドに言わせると、「死者の日」は日本の「お盆」だという。 してみるとこの飾り物は、青森の「ねぷた」?
 大きさはねぷたの何分の一しかないが、数はすごい。 100を超えている?


f0066555_1032278.jpg 「お化け」を見ながら歩いていくと、ようやく「独立記念塔」のあたりで途切れる。

 ちゃんと事前にガイドブックで予習してあった妻は、この「塔」を一目で分かり、「女神の像の台座まで上がれる」ことなどを教えてくれる。



 海外旅行で初めてのインターネット、パスワードさえ教えてもらえば、ホテルの無線LANにアクセスできる。
 ただ、そのパスワードは1日限り、しかも午後9時前にはアクセスが切られてしまう。

 そんなことを知らないものだから、24日はお風呂に入っている間に接続が切れていた。
 翌25日は、ほとんど1日分の「ブログ完成!」という時に、アクセスできなくなり、全部がパーに。

 せっかくパソコンを持ってきたのに、1日のブログ投稿もできないのでは悔しいので、今消えたばかりの文章を思い出しては、メモ帳に保存。

 …というわけで、現地時間では27日午後8時37分、日本では28日午前10時37分にやっと1日目のブログを投稿。
[PR]
by t_ichib | 2010-10-25 10:26 | 今日もまた旅の空
<< メキシコ旅行② 太陽・サボテン・遺跡 メキシコ旅行(0) その前日 >>