メキシコ旅行④ 魔法使い? イグアナ? 尼僧?
 メキシコ4日目は3連泊のメキシコシティを離れ、メリダに向かう。 広い国なので、国内の移動も飛行機を使う。

 メキシコシティは高地になので朝夕はちょっと肌寒い。 到着したメリダはほとんど平地で、空港に着いた途端にその暑さに驚く。
 ゆっくりの出発だったので、到着時間が午後1時過ぎだったこともあるが、日本の9月前半までの猛暑を思い出し、観光をする前からぐったりしてしまう。


 出迎えてくれたガイドは、メキシコ人と結婚し1児の母である日本女性。
 案内してくれるユカタン半島の地図、マヤ文明や遺跡などの簡単な図表を持参し、予備知識を与えてくれたのはありがたかった。 (手作り)

 案内の合間に、去年の新型インフルエンザ時のことを話してくれる。
 発祥地とされるメキシコのガイド業はさっぱり、その期間は他にすることもなく、子供をつれて日本へ里帰りしていたという。



 世界の4大文明が興った理由の一つに大河の存在があげられている。 洪水の繰り返しによる肥沃な大地が、文明と繁栄をもたらした。

 しかし、ユカタン半島には川がない。 平らな石灰岩の上に開けた広大な土地で、所々に豊かな土の盛り上がった土地がある。


f0066555_9474936.jpg その一つが、世界遺産:ウシュマル遺跡だが、川がないから水不足に悩まされる。

 そのため地下に雨水を貯めた。 写真はその取入れ口の一つ、もっと小規模なものがいくつもあり、全体で3万だか30万トンだったとかの説明を受けた。



f0066555_9504465.jpg 魔法使いのピラミッド
 数年前まではこの階段を登ることができたが、今は禁止されている。
 急勾配で、手すりもなく、途中に小休止する所もない。 つまり危険だからというのが、禁止された理由だという。

 上のほうにいる人が倒れたら、将棋倒しで…と、 想像するだけで怖い。
 登れないことを残念がるより、美しい形なので下から見上げるだけで満足。


f0066555_9552081.jpg 遺跡で最初に私たちを迎えてくれたのは、このイグアナ

 「あまり近づくと逃げる!」と、遠くから一斉にシャッターを押す。
 1匹見つけるたび大騒ぎ。 が、その後も続々と姿を現し、誰も何も言わなくなる。

 ここだけではなく、他の遺跡にもいたるところで見かける。 ガイドさんの家の庭にも出没するという。
 ひなたぼっこしている様はユニークでかわいい。


f0066555_9595946.jpg 尼僧院
 スペイン人は尼僧院とイメージしたが、実際には支配者の宮殿だった。

 矩形の庭園を囲むように建物があり、その最も高いところから庭園・左右の回廊部分・入り口を見下ろす。
 幾何学模様や動物の彫刻が美しい。 マヤの時代は鉄器が使用されておらず、黒曜石など硬い石で刻んだとされる。


f0066555_102625.jpg 大ピラミッド
 あまり近くで撮ったので、全体が分かりにくい。

 名前は大がつくが、「魔法使い」が36m、「大」は30mとかなり低い。
 見た目にも危険そうでもなく、禁止されてもいないので全員が登る。

 遺跡全体が平地で、ピラミッド自体が小高いところにあり、上からの眺めはさえぎるものがない。
 ぐるっと360度を見渡せ、ジャングルのような木々・遺跡の他の建物が一望でき、気分は爽快。


f0066555_10105972.jpg その大ピラミッドから見下ろした総督の館

 すっきりした均整の取れた建物ので、遠くからでも壁面の幾何学模様が見られます。
 ネーミングはやはり後世のもので、ガイドからも何のためのものか聞かなかったような。

 以前調査隊がここに宿泊したというが、現在はもちろん立ち入り禁止。


 ウシュマル遺跡から18kmはなれたカバー遺跡へ移動
 その間は、というよりユカタン半島全体がそうだったが、高速道路や国道がまっすぐ通り、その両側は雑木が茂る。
 つまり、移動中は集落や建物など見るべきものもなく、睡眠にいそしめる。

 ガイドの説明どおり、半島全体が肥沃な土地でもなく、また国土が広いのでこんなところまで、開墾を進める必要がないのか?


f0066555_10172891.jpg ウシュマル遺跡に比べ小規模な遺跡で、ここの中心はコズ・ホープと呼ばれる建物。

 その正面の壁をぎっしりと覆いつくすのが、「雨の神」の顔。

f0066555_10183873.jpg

 上下左右にぎっしりと並ぶので最初は見分かられなくて、「丸く2つ並んだのが目、四角い突き出たのが鼻」とガイドに教えてもらう。


 空港に着いたのが遅かったので、メリダの町に着いた頃には夕暮れ時になっていた。

f0066555_10231713.jpg オーラン病院にある野口英世博士の銅像
 博士はこの地で、黄熱病の研究をした。
 現地ではあまり知られていなくて、この銅像の写真を撮るのは日本人観光客だけだとか。

 ただ、この近くに博士の名が付いた研究所だかがあって、医学を志す人には無名ではないと思い、少しほっとする。


f0066555_1025059.jpg メリダのソカロ
 あまり大きな広場でもなかったが、周りには「征服者モンテホの家」、大聖堂などがある。

 少し暗くなっていたので、そちらよりはこちらを。
 きれいにライトアップされた市庁舎

 メキシコ大学の時に触れたが、1810年(独立運動の発祥)、1910年(メキシコ革命)から200年・100年になるので、メキシコ全体でお祝いのイベントがあった。
 イルミネーションは、緑・白・赤と鷲のメキシコ国旗をイメージ化したもの。
[PR]
by t_ichib | 2010-10-28 09:43 | 今日もまた旅の空
<< メキシコ旅行⑤ 血なまぐさい話... メキシコ旅行③ 観光地にも搾取の跡が >>