お別れ遠足
 昨日、岐阜市に住む娘の所へ出かけた。 用件は軽い喘息ぎみの春音と彩乃を小児科に連れて行くこと。
 二人とも大きくなるに従い少しづつ丈夫になって、以前ほど熱を出したり風邪をひいたりすることが少なくなったが、こうした慢性ぎみの病気は心配。

 診察の予約は5時から、その前に…


 先日の地方ニュースで紹介されていたオウレンの花を見に行くことにした。 岐阜畜産センターの隣にある岐阜薬大の「薬草園」

f0066555_955227.jpg 一面に咲いていたのは、セリバオウレン

 テレビの映像で紹介されていた時も小さな花だと思っていたが、その想像よりも小さい。
 雌花と雄花に分かれているそうで、たぶん左側のおしべがたくさんついたのが雄花、右下に見えるのが雌花だと思う。


f0066555_101225.jpg 一群れだけに固まって咲いていたのが、バイカオウレン
 先に来ていた人に「あそこに咲いていましたよ」と、場所を教えていただいた。
 教えていただかなかったら、見落としていたかもしれないほど小さな一区画。
 花は、セリバオウレンより一回り大きい。


 無事診察も終え2人を連れ帰り、娘の帰宅を待つ。
 台所の今月の予定表には、「ひなまつり発表会」、卒園式など2人に(特に春音か?)関する予定ばかりがずらりと。

 それによると、翌日(つまり今日)が「お別れ遠足」
 バスに乗って犬山まで行くそうだ。 バスは1台なので、卒園生と次に大きいクラスの子だけ。
 綾乃を含めた小さい子たちは、園でお留守番。

 お留守番の子たちはうらやましいと思うだろうか? 特に綾乃のように、お兄ちゃん・おねえちゃんがいる子は、おいしそうなお弁当を作ったもらっているのを見たら…


 翌日の今日は、少なくとも昼間はいいお天気でよかった。

 我が家の近くの保育園でも、偶然にも「お別れ遠足」だったみたいで、窓の外をワイワイガヤガヤと小さな子たちが通る。
 こちらはバスではないので、定員もなく全員参加。 自然が豊かで、車の往来も少ない田舎の方がやっぱりいいのかな。
[PR]
by t_ichib | 2011-03-10 22:02 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 大変な災害、心配 恐縮しつつ… >>