初プラネタリウム
 先日私たち(というか息子)のために、一役かってくれた春音たち。 その時に2人が大はしゃぎで話してくれたのが、「お父さんとプールへ行ってきた!」という話。
 そのお父さんは少し前に骨折し、最近ギブスが取れたばかり。 プール中を走り回る娘たちを追いかけ、さぞ難儀したことだろう。


 春音の初めての夏休みに、楽しい思い出を残してやりたいと思うのは、ジジ馬鹿の私たちも同じこと。
 その昔、娘や息子を連れてきたこともある名古屋市科学館・プラネタリウムへ、春音を連れて行ってやることにした。

f0066555_9281324.jpg 夏休み中なので、ラジオ体操を済ませてすぐ出発。
 会場に着いたのは8時半、科学館前には入館を待つ人の列。

 プラネタリウムの入場券の発売開始は9時半。 私たちがチケットを購入できたのは、10時半を過ぎてから。 ようやく手にできたのは、1日に7回ある上映時間の4回目(13:50)。
 プラネタリウムが改装されて始めての夏休みなので、会場の人出は想像以上。


f0066555_954951.jpg 科学館の通常の展示ルームも、当然大変な混雑。
 楽しそうなコーナーには子供たちが群がり、なかなか順番が回ってこない。

 一部の展示は覗き込むのに身長が足りず、私たちが抱きかかえて見せてやらねばならない。


f0066555_10215828.jpg 手品のタネになるようなコーナー。

 他の子たちの姿を見て、自分がどんな風に見えているかを想像して楽しんでいるのだろう。

 自分では見えない分、是非写真に撮り見せてやらなければ。


f0066555_1033254.jpg チケットを購入するのに2時間、会場についてから5時間待ったプラネタリウム。
 上映時間はわずか40分。

 内容も、もう少し子供が楽しめるプログラムだったら良かったのにとも思う。
 季節々々に訪れれば、そうした楽しいプログラムに出会えるだろうが、今日のように時間がかかるのでは、少し躊躇してしまう。


 その昔、娘や息子を連れてきたときは近くの「電気の科学館」でも遊んだことがある。 今日はすっかり疲れてしまって、そこは素通り。 2時間の待ち時間がなければ十分に楽しむ時間が取れたのだが、それはまた次の機会に。


 友達と一緒に来て楽しそうにはしゃいでいる子供たちを見て、「まだ小さいから…」と連れてこなかった彩乃が一緒だったらもう少し楽しめたのではないかと、後から思ったりもした。

 素直な感想…、すっかり疲れ苦労したのに、プールで遊ばせたお父さんには勝てなかったと。
[PR]
by t_ichib | 2011-08-03 23:07 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 今年の鳥人間コンテストは… 家族が増える? >>