蘇州・杭州・上海旅行① 見違えるほどに発展した都市
 中国を旅行するのは今回で4度目。 北京と万里の長城、桂林と漓江川下り、西安と兵馬俑と今回の4回。
 最初に行った北京はオリンピック前の2006年、車窓から眺める市内は雑然としていて、まだまだ遅れた国と言うイメージだった。


f0066555_12243525.jpg 今回上海に着いたのは夕刻、空港・町並みとも夜景しか見られなかったのだが、想像以上の大都市。
 道路などは、片側3~4車線もある高速道路が都市を結ぶ。

 初日は、夜景ゆえに余計に美しく見える発展した大都市を、なぜかため息をつきながら眺め、夕食そしてホテルへと。


 今回のツアーは当初30名の予約があったのだが、キャンセルが相次ぎ実際には11名の参加。 最後のキャンセルはご夫婦で参加の予定が、前日になって奥さんが体調を崩され、ご主人だけの参加。 ちょっとお気の毒。


 今回参加したような格安ツアーは、ショッピングやオプションツアーの参加者が少ないと、現地旅行社は利益が出ない。
 宿で一緒になった他のツアーでは、「だからオプションに参加してください」と情に訴えられたとか。

 現地旅行社は人数が少なくてがっくりかもしれないが、参加した私たちにとってはバスもゆったりと座れ快適。
 何よりも食事時など全員が一つのテーブルに座れ、親しく会話できるのが良かった。
[PR]
by t_ichib | 2011-10-26 22:29 | 今日もまた旅の空
<< 蘇州・杭州・上海旅行② 蘇州夜曲 靴馴らし? >>