バースディ カード
 近頃旅先や外出先などで、ついつい目が行ってしまうのが絵ハガキ


 昨年の4月、娘の家の姉・春音が小学校に入学。
 それは娘夫婦ばかりでなく、私たちにとってもうれしくもあり、生活パターンに少なからぬ変化をもたらした、成長の一過程だった。


 1年生になった春音のところへは、さまざまなダイレクトメールが届く。 きれいなもの、かわいいものが結構多い。
 かわいいから、妹の彩乃もつい手を出す。 それを「私の!」と邪険に取り上げる。

 妹のすることを押さえつけるのは姉の特性だが、一方そんな時には妹はお母さんに泣きつく。
 とにかく、彩乃は春音に届く手紙・ハガキがうらやましくてならない。



 で、娘に頼まれて彩乃あてに妻が絵葉書を出した。
 効果はてきめん、受け取った絵葉書を手に満面笑顔の彩乃の写真が、メールで送られてきた。

 笑顔の写真を見ながら、「送って良かった」と喜んでいたのもつかの間、数日後春音からしょんぼりした声で、「何で私にはお手紙くれなかったの?」と電話がかかってきた。

 私たちの「差別」に、姉としてのプライドが「傷ついていたのかな?」と反省。
 さっそく、チュニジアで買い求めた絵葉書を姉妹2人に送った。



 今月27日は春音の誕生日。
 ジジ・ババ馬鹿の私たちはバースディ・カードを春音に送った。 当日に渡してもらうように、娘に頼んで。

 今度は彩乃が悔しがるかもしれない。 …でも、それは5月まで待ってもらわなくてはならない。
[PR]
by t_ichib | 2012-02-25 11:31 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 沖縄離島旅行① 欠航? 久々の同窓会 >>