ラストラン① 箱根
 我が家の車がもうすぐ変わる。
 私たちは共働きだったので、(しかも公共交通機関の無い田舎ゆえ)夫婦それぞれが1台づつ車を所有していた。
 2人が退職後は、近場は軽自動車で、たまに遠距離まで出かける時は普通車で。 いずれにしても、「2人で1台の車で十分だ」と数年前から思っていた。

 妻が所有していた軽自動車は、すでに3月末に手放した。 残る1台もあと1週間の命。
 2台とも10年超乗り続けたので、「しかたがない」と納得しているが、あまりに低い下取り価格に、「かわいそう」との思いも。

 私が乗っていたホンダ・インスパイアは、10年を越えた今も静かで軽~い走り、乗り心地にも満足。 難点を数えれば、燃費が悪いこと、軽自動車を乗り続けた妻には、運転しづらい、カーナビが古くなった、…など。

 その愛着ある車との別れに臨んで、「最後の遠出を...」と思い立ったのは、わずか1週間前、行く先を決めたのは、2、3日前。
 「じゃあ、箱根にしよう」と。 2人とも、いまだに箱根には行ったことが無かった。



f0066555_8334759.jpg 箱根湿性花園

 ガイドブックを見ながら、妻が「行ってみたい」と言った場所のひとつ。
 名前から受ける印象では、もっと自然がいっぱいあると思っていた。

 一つ一つの花ごとに名札が付いていて、花の図鑑をめくっているかのように思える。
 広い草っぱらの中で花々を捜す、栂池や伊吹山のお花畑の方が私たちには合っている。


f0066555_9282184.jpg オオバナノエンレイソウ

 「あっ、この花なら釧路湿原で見た」とか、カタクリを見て「(岐阜の)東濃で見たのは、もっと小さくて可憐だった」など、気候や土の栄養状態の違いなどを想像してみたり...

 今月末から5月にかけてがもっとも花の種類が多い時期らしいが、今の時期もけっこういろんな花が咲いていた。



f0066555_10122068.jpg 大涌谷

 正月に放映される箱根駅伝のせいなのか、行ったことの無いのに箱根の地名には、聞き覚えがある。
 ただ、地名の響きから「もっと広い所?」を想像していた。 せっかく歩きやすい靴を用意してきたのに。

 せめて晴れていたら、ここから美しい富士山の姿を眺められたのだが。
 今日は1日曇り空、高速走行中に雲間に、富士山の頭の部分だけ見られた。 それもほんの一瞬だけ。


f0066555_12521561.jpg 高台から見下ろした箱根関所

 前の2ヶ所は妻の希望だったが、ここは私のリクエスト。
 もう少し史跡らしいところを期待していたのだが、ただの観光施設。

 ここでも芦ノ湖の向こうに富士の姿があったなら...


f0066555_139597.jpg 旧東海道の杉並木

 関所に隣接する恩賜公園を、時間をかけゆっくり散策したあと、道路を挟んだ反対側の杉並木を歩いてみた。
 私たちが歩いたのは、公園に隣接するわずかな距離だったが、もう少し遠くから歩いてくる人も何組かいた。

 こういう所は、もう少し時間をかけて歩いてみたいのだが。
[PR]
by t_ichib | 2012-04-15 20:55 | 今日もまた旅の空
<< ラストラン② 富士五湖 全国区になった >>