ラストラン② 富士五湖
 昨夜二人で、「明日はどこを回ろうか?」と相談した。
 いつもの国内旅行なら、ガイドブックなどを参考にそこそこのコースを決めて出かける。 今回は2日ほど前に目的地を決めたばかりなので...

 箱根は観光地として有名なのだが、「温泉に浸かって、おいしいものを食べて...」のゆったり派むき? 私たちのような貧乏派には向かない?

 携えてきたガイドブックのページを何度めくっても、いま一つ。 ロープウェーに乗っても、富士山が見えなければ、しょうがないし。


 ...で、出かける前に「どちらにしようかな?」と迷ったもう一つの候補地、「富士五湖まで走ってみようか?」と。


f0066555_15322012.jpg 旧東海道の石畳の道

 その前に「せっかく箱根まで出かけてきたのだから」と、あと2、3ヶ所見て回る。
 昨日ちょっとだけ歩いた杉並木よりは、「江戸」に近い山の中、今は2~30m離れた所を車道が走る。

 石畳の道が作られるまで、毎年々々笹を刈り取って道に敷いていたとか。 その作業・費用が大変なので、石畳にした。
 おかげでその名残が300年後まで残っている。


f0066555_15461481.jpg お玉ヶ池

 石畳の道にはお玉ヶ池の駐車場に車を止めた。
 この池の名は、元禄のころ「関所破り」をして処刑された少女の名による。

 この話を聞くとずいぶん過酷に思えるが、実際には「関所破り」が見つかっても「藪入り(=道に迷った)」とされ、領外追放で済まされることがほとんどだったという。



 この後、「箱根やすらぎの森」を1時間ほど歩き回って、いよいよ富士五湖に向かう。
 芦ノ湖スカイラインで何度も車を止め、眼下に湖を眺めたり、「インスパイア君」の最後の勇姿をカメラに収めたり。 (バックに富士山が写っておれば、もっと良かったのに...)


 富士五湖は十数年前にここで宿泊し、わざわざ早朝に起きだし湖越しの富士山の朝日を撮った。 (その後操作を誤って、「全消去」)
 今回も富士山の写真はムリ。 目を凝らせば、一部がうっすら見える瞬間もあるが。


f0066555_16314052.jpg 忍野八海

 写真は「濁り池」。 水はきれいに思えた。
 逆に「鏡池」、「菖蒲池」などは名前に反した沼?
 前回来た時は八海全部を見たが、今回は少し離れた「出口池」と有料施設内の一つの除き、六海だけを見る。


f0066555_16461021.jpg 本栖湖

 富士五湖の写真も1枚くらいは、載せないと。

 本栖湖に映る逆さ富士を描いた絵画は、紙幣の裏側にデザインされており、前回来た当時はは5000円札、今回は1000円札に。

 5000円札だと、比べようにも持ち合わせが無い時が多いが、1000円札ならすぐに取り出せる。
 ただし今回は、ホンモノの方が見えない。


 2日間、読み返して見ると「富士山」のことばかり。
 いまだに、新幹線に乗っても、東名を走っても、たまに飛行機で上空を通るときも、富士山が見えるとうれしくなってしまう。
 そう言えば、息子が保育園児だったころ、がらすきの飛行機の中で、大勢の乗客が富士山の見える空席に移動して、乗務員に叱られたこともあった。

 また次の機会を楽しみに。
[PR]
by t_ichib | 2012-04-16 22:13 | 今日もまた旅の空
<< 早く慣れないと ラストラン① 箱根 >>