早く慣れないと
 まだまだ愛着が残っていた車と別れ、新しい車インサイトが我が家の車庫に納まったのは、4月23日。
 ようやく2週間、2台分の車庫がガランとしている。

 前の車には10年以上乗り続けたため、最近の車の機能についてはウラシマ状態
 ...と書くと少し大げさ。 車の免許証さえ持っていれば、誰だって乗れる。 しばらく軽自動車にしか乗っていなかった妻も、さっさと一人で出かけている。


f0066555_8525060.jpg その車の初ドライブは、近くの員弁市の牡丹園

 入り口に「ただ今、1分咲き」との看板があったが、実際にはさらに10分の1ほど。
 かろうじて咲いている花を見つけては、カメラのシャッターを切ってはみる。

 員弁は隣の三重県。 まだカーナビの設定をしていないので、「三重県に入りました」、「岐阜兼に」、「三重県に」を何度か繰り返し、ちょっとうるさい。
 これは何とかしなければ...


 5月3日、年3回ほどの恒例となっている妻の兄弟たちとの食事会に出かける。 そのついでに2度目のドライブにと、立ち寄ったのが...

f0066555_911398.jpg フラワーパーク江南

 園内を歩きまっわた後、クリスタルフラワーという建物の屋上展望台から、公園内外の展望を楽しむ。
 ここは国営木曽三川公園の一施設だそうだ。
 時々出かける海津市の施設や、138タワーパークよりは小規模だが、小さな子供たちの遊び場として、私たちの年代の散歩の場としてはうってつけ。

 近くにこういう施設があることを少々うらやましく思ったのだが、ここに来たのは、この時期に開催されている「江南・曼荼羅寺のフジまつり」に出かけるついで。
 ここから曼荼羅寺へのシャトルバスが発着する。


f0066555_9292151.jpg 曼荼羅寺のフジ

 ここにははじめて来たが、津島の天王川公園などと並び、愛知県でも有数のフジの名所。
 駐車場から曼荼羅寺への道筋には、たくさんの屋台が並び、観光客の姿も半端な数ではない。


f0066555_9513829.jpg 9尺フジ、6尺フジとか、素人にもその見事なフジの長さは分かる。
 紫ばかりでなく、ピンク系のフジなどここにはいくつもの種類がある。

 そのどれが最も香るのか分からないが、良いにおいが公園全体にあふれる。
 水路には散ったフジの花びらに覆われ、美しい。 それでも頭上の花は減ったように見えないし...


 運航するシャトルバスは、1時間に2~3本出ているが、来るときは補助席を使っても、乗り切らなかった人が10名以上いた。
 しかも、着いたバスで帰る観光客の行列もかなり長い。

 帰りの混雑を心配していたが、帰りに乗り合わせたのはたった3名、大きなバスだったのに...



 フジを楽しんだ後は、高速道路で豊橋へ。 先には渋滞が待っており、「天国から地獄へ」か?
 「岡崎から先は渋滞しているので、一般道へ・・・」と、カーナビが教える。 これは、以前のカーナビより親切か?

 交通情報を聞こうとして、「あれれ?」
 前の車では、カーナビとは別にラジオの操作ボタンがあったのだが、こちらはすべてカーナビからの操作。
 ラジオには切り替えられたのだが、どこに「交通情報」チャンネルが?

 帰ってから、マニュアルをめくってお勉強...
[PR]
by t_ichib | 2012-05-06 10:19 | 今日もまたなにごともなく
<< クロアチア旅行① 古都ザグレブ ラストラン② 富士五湖 >>