クロアチア旅行(番外) 不愉快で残念な2つのこと
 クロアチアから日本への帰国の旅は、まずドブロヴニクから首都ザグレブまで、空路を国内便(クロアチア航空)で飛ぶ。
 国境通貨のわずらわしさより、バスによる長時間の移動を避けたものだと思う。

 その後は来たときの逆コース、ザグレブ=ドーハ、ドーハ=関西空港といずれもカタール航空で、そして関西空港から名古屋駅へは、バスで。


 私たちのスーツケースは、ドブロヴニクで預ければ、ザグレブで預け直ししなくても、関西空港まで届くという。
 わずらわしさが一つ減って、そのときは喜んでいたのだが...


 ザグレブを出発した便は途中ブダペストにより、そこからの乗客を乗せ、ドーハに向かう。

 一つ目の不愉快な出来事は、そこから乗り込んだ中国の団体客。
 といっても、10~15名くらいに過ぎないのだが、そのうるさいこと・マナーの悪いこと。

 5~6列以上も離れた席に分かれて座ったのに、私たちの頭越しに喚きだす。
 一人が話し終えていないのに、別の人がしゃべりだし、さらに別の人がそれにかぶせて話し出す。
 言葉の分からない私たちには、まるで喧嘩をしているみたい。 そして延々と。

 すぐ後ろの席から、英語で「静かにして欲しい」との声が上がったが、彼らの声の方が大きくてまったく届かない。

 着陸時に、「座席を元の位置に...」という声にも耳を貸そうとしない。 客室乗務員が手を出して起こさないといけない。


 旅行先でたびたび中国人観光客と出会うが、こんなことはほとんどない。
 あるいは観光客ではなく、旅行などの経験があまりない出稼ぎ労働者たちだったのだろうか?

 経済大国となり、世界中の人が中国と中国人に注目している今、公衆の場でのマナーを国として教育して欲しいと、残念に思った。



 2つ目の不愉快な出来事は、関西空港についてから。

 ターンテーブルを流れてくる妻のスーツケースを受け取ろうとして、異常に気づく。
 取っ手が取れ、鍵が引きちぎられている。

 私のスーツケースの方は一見異常がなかったのだが、「中が荒らされている」との他の乗客の声に、もしやと思って確かめてみると、私の方もTSAロックが壊され開けられていた。

 ロックは鍵を使っても、再び閉めることができない。
 旅行保険で修理ができるが、余計な手間が相当かかるし。


 私たちのグループの半数以上が被害にあい、一方大勢の乗客のうち、私たち以外には被害の様子が見られなかったことから、一番疑わしいのはドブロヴニク空港。


 添乗員によれば、「元社会主義国では、あまり泥棒をする人はいないんだけど、最近では移民が増えているから...」と。
 そのことはともかく、空港などは他の国の人にとっては、その国の玄関。
 国の威信をかけても、犯罪などの起こらない場所にして欲しいと。
[PR]
by t_ichib | 2012-05-24 11:28 | 今日もまた旅の空
<< 何度かめの北海道① ほとんど移... クロアチア旅行⑤後 コトル >>