何度かめの北海道⑨
 いよいよ北海道最終日。
 私たちは稚内空港13:30発の飛行機に間に合うよう、8:45発のフェリーに乗リ込む。

 稚内からの観光客の下船時間が延々と続いたのに、私たちの乗船時間はあっという間。

 島を訪れる団体客は、朝一番に着き日帰りする、あるいは夕刻に着き1泊した場合でも、昼過ぎまでは島内観光を楽しむ。
 朝一番のフェリーに乗るのは、稚内・旭川などに向かう地元の人や、私たち個人客ばかり。

 おかげで船内は、広々としていた。



 このフェリーで、偶然にも一昨日車に同情させていただいた消防士さんに再会、稚内での会議に出席するとのこと。

 本来なら会議前に心身を休めたいところなのに、私たちのためにいろんな島の話などで、最後までサービスをしていただいた。


f0066555_219246.jpg 機内から眺めた利尻富士

 窓際の席に座った妻が、窓から利尻富士の写真を撮る。

 連日のように朝のうちは、「濃霧注意報」が出されていたが、昼ごろになって少しは薄らいだ。

 すっきりした晴れではないものの、周りを海に囲まれた利尻島が。



f0066555_2118295.jpg 次の写真は、(眠っていたのか?)私の知らないうちに、妻が撮っていた佐渡


 日本地図の佐渡島の形がくっきり写っていて、思わず「ほーっ」と言う声が出る。


f0066555_21242658.jpg こちら「本家」の富士山

 機内アナウンスで、「まもなく富士上空に...」と案内がある。

 座っている側とは反対側だったが、幸い空席が多くそちらへ移動して眺めた。

 高速道路を走っていて、新幹線に乗っていて、以前成田から中部空港へ向かう機内から...、何度見ても富士の姿は美しい。


 幸いにも最後までいい気分で、旅を終えることができた。
[PR]
by t_ichib | 2012-06-11 22:10 | 今日もまた旅の空
<< 山アジサイとユリ 何度かめの北海道⑧ 利尻富士は... >>