白馬への旅行① 八方
 孫の春音が小学校に入学した去年から、「長い夏休み、退屈しているだろうから...」と、遊びに連れて行ってやろうと考えていた。
 去年はその機会もなく、またジジババの心配も不要なくらい、学童保育や学校のプールに通い、真っ黒になって夏を楽しめたようだった。

 それでも今年は「東海地方の梅雨明け」宣言に、満を持してジジ馬鹿ババ馬鹿旅行へと連れ出した。 (来週早々には、お父さんが海への旅行を計画しているというのに)


f0066555_17131934.jpg 八方アルペンライン中間駅で、ゴンドラからリフトに乗り換える。

 ジジババの願いは、いい空気をたっぷり吸って、自然の中をいっぱい歩いて、きれいな花々を見て欲しいというものだが、「ゴンドラに乗った」、「リフトに乗った時、足が下の草に触りそうだっった」くらい...かも。



 高速道路を飛ばしてきたものの、リフトを降りたときには午後1時過ぎ。 まず最初に、コンビニで買ってきたお弁当を食べる。

f0066555_17285185.jpg ミヤマアズマギク

 八方池へは、岩場コースと木道コースとがある。
 もちろん小さな子供連れなので木道コースを取るが、それでも最初はゴロゴロした石で、歩きにくい。


f0066555_19351411.jpg チングルマ

 その歩きにくさを紛らすため、小さな2人にたまたま私たちが知っている花の名を教えたり、一緒にチョウやトンボに目を向けたりと。

 すれ違う人たちから「いくつ?」と聞かれ、指を4本立てて示した彩乃は、「小さいのに元気だね」とほめられ、それがうれしくて歩きとおすことができたようだ。


f0066555_1950957.jpg ニッコウキスゲ

 たまたま日の差す南側の斜面だったせいか、一面のニッコウキスゲが見られた。
 小さな二人を休ませる風を装い、しばし自分の息を整える。


f0066555_20574259.jpg 木道のすぐ脇に残っていた雪渓

 この真夏にこんなに氷が残されていたことに、おおはしゃぎ。
 ここでもお茶を飲んだり、写真を撮ったりと...

 この余裕?が、後になって...。


f0066555_2154257.jpg 石神井ケルン

 ここが今日の最高点。

 八方池、あるいはせめて第2ケルンまで行きたかったものの、帰りのリフトの最終便が16:45だったので、ここから引き返すことに。



f0066555_22182771.jpg 帰りの木道で

 早々と引き返すことにしたものの、2人はまだまだこの元気。

 これなら明日、もう1日歩けそう。

 それでも宿に着くとバタンと寝てしまい、妹の方は寝起きのため、夕食はあまり食べられなかった。



f0066555_22264166.jpg ウスユキソウ

 下山の順番は上の写真どおりで、最後尾でカメラマンをしていた妻が見つけた。

 私は肉眼では見られず、残念。
 明日は一つでも多くの花を見つけられるように。
[PR]
by t_ichib | 2012-07-24 15:35 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 白馬への旅行② 栂池自然園 エジプト旅行⑥ 最終日 >>