白馬への旅行② 栂池自然園
 ババ馬鹿ジジ馬鹿旅行2日目、今日は時間に余裕があるから、ゆっくりたっぷり歩き回れると思いつつ。


f0066555_953448.jpg 栂池パノラマウェー

 2人にとっては、やはりこれが一番。
 帰りには、疲れでちょっと不機嫌だったが、これに乗ったときにはすっかり元通りに。

 特に最初のゴンドラは、長くて見る見るうちに下の町並みが小さくなっていく。



f0066555_9341628.jpg 栂池自然園に入って、一番目立っていたのがワタスゲ

 小さいけど、これくらい群れて咲いていると。

 湿地にはワタスゲ以外に、綿毛を飛ばし終えたチングルマの群れなどが。



f0066555_9543012.jpg ついで目立っていたのがキヌガサソウ

 薄~くピンクの筋が入ったものもあり、そちらも可憐。

 花びらは7~11枚とあるのだが、もっと多いように思える。 もしかすると違う花?



f0066555_1082225.jpg 咲き残っていた水芭蕉

 園内を歩いていると、所々で涼しい風が吹き抜ける場所があり、さわやかな気分にしてくれる。

 園内でもとりわけ季節の遅れた場所なのか、水芭蕉の花が残っているのを発見。
 ほとんどは咲き終わり「お化け」のように、大きく育った葉だけになっている中で。


f0066555_101528.jpg アカモノ

 最初は、ツガザクラに似ていると思ったが...

 今回も一つ新しい花の名を覚えた。
 が...いつまで覚えていられるか?


f0066555_10192183.jpg オオバミゾホウズキ

 黄色の大密集が見事。

 他の黄色の花、キジムシロなどと比べ、横から見ると花の形が筒型をしている。


f0066555_1028511.jpg 園内に残っていた雪渓

 昨日は木道からは立ち入れない下のほうの雪渓を見ただけだが、ここでは手にとってその冷たさに触れられる。

 子供たちばかりではなく、アベックたちも。



f0066555_1035244.jpg ゴゼンタチバナ

 1ヶ月以上も前に、礼文島で見たばかり。
 向こうは緯度がずっと北だが、ほとんど平地。 気候的にはどうか?

 それとも、花の時期が長い花なのか。



f0066555_10421336.jpg 今日の最終目的地、展望湿原

 昨日よりもっと多くの「小さいのに、がんばっているね}の声をかけられ、ゆっくりだったけどここまで上ってこられた。

 「4才にしては、上出来」と、ジジ馬鹿もうれしくなる。


 展望湿原には大勢の人が、「あと10分待ってみよう」などと、霧が晴れるのを待ちかねている。
 わずかに稜線が見えたりすると、2人して指差してくれるのだが、残念。

 今まで3、4回にもなるが白馬の大雪渓を満足に見られたことがない。
 地元の人でも、「年に数回」と言っているのだから、しょうがない。


f0066555_10565892.jpg ツマトリソウ

 最後にもう一つ新しい花の名を覚えた。

 ツマトリソウのツマは、妻ではなく褄の字を当てるようで、花の縁が赤く色づいたものがあり、鎧の縅(おどし)色目の一つ「褄取り」に似ているところから名づけられたとのこと。



 自宅で赤ちゃんの晃希とともに待っているお母さんに、自慢したくなるほどがんばって歩いた2人だが、さすがに車に乗ると5分もしないうちにぐっすり。
[PR]
by t_ichib | 2012-07-25 08:45 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 東北の夏祭り① 青森ねぶた海上運航 白馬への旅行① 八方 >>