今年の夏休みは延長戦あり
 夏休みも最終番、2年生の春音も宿題やら、自由課題やら何とかこなしている様子。
 その宿題の一つ作文だったかで、「夏休みの楽しかったことベスト3」を挙げている。

 1位花火(打ち上げ花火の見物でなく、我が家でやった線香花火など)、2位山登り、3位海水浴。

 花火はともかく、2位の山に八方・栂池に春音・彩乃の2人を連れ出したジジババは、大いに気を良くしている。



f0066555_1323515.jpg 2人の喜ぶ顔をもう一度見たいと、近くの伊吹山に連れ出す。

 山頂の駐車場には、関東・関西の車が停まり、「伊吹は全国区なんだ」とこれにもちょっとうれしくなる。
 ちょうど1年前にも伊吹に登っており、3才だった彩乃も1時間半の全コースを歩けたので、今年は安心して見ていられる。



f0066555_13482191.jpg ちょっと離れた所に、一面のサラシナショウマ

 歩き始める前に、彩乃は妻に連れられトイレへ。
 その間に春音は「カメラを貸して!」と、上り口近くの花を撮りはじめる。

 戻ってきた妻が、黄色のキリンソウや赤いシオガマなどを、「きれいだね」と指差すと、「それはもう撮った」と、ちょっとえらそうに答える。

 ピントが合っていなかったときのため、2~3枚撮って欲しいが、(プライドを傷つけないよう)ジジは黙っておく。


f0066555_13411631.jpg カワラナデシコ

 小さな花をたくさんつけるノハラアザミは、まだ咲き始め。
 頂上付近に多い、シモツケソウもピンクの花がまだチラホラ。

 一方、ツリガネニンジンやギボウシなどは、もう終わり近そう。


f0066555_14135555.jpg このコオニユリも、そうした終りの花なのか?

 実のところ、花の時期は良く分っていない。

 以前、下界の暑さを逃れ「避暑中」の赤とんぼの群れを、この山頂で見かけたが、今回は見なかった。
 私たち人間は「暑い暑い」の連発だが、虫たちはいち早く秋を察知して、下界へと降りていったのか?

 この日は、ふもとで31℃、頂上は23℃。



f0066555_14261266.jpg イブキトリカブト

 山頂でお弁当を食べ、降りはじめる。
 こちらのコースには、トリカブトの群落が何ヶ所もある。

 毒草としての名が有名で、そういう目で見ると花も不気味に見えるが、漢方薬としても使われる薬草でもある。
 伊吹山は薬草が多く自生しており、織田信長の時代に薬草園がここに設けられた。



f0066555_14404770.jpg 下山のコースは岩場があったり、(昨夜の雨で)ぬかるみがあったり。
 姉の春音が妹の彩乃を抱きかかえ、そうした難所を乗り越える。

 部屋の中で退屈したときなど、よくケンカをする。
 が、外へ出かけたときは、実に仲が良い。

 こんな姿を見る時も、ジジババが「連れてきて良かった」と思えるひととき。
[PR]
by t_ichib | 2012-08-31 11:45 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 北海道9日間① 旭山動物園 東北の夏祭り② 五所川原の立ちねぷた >>