北海道9日間⑧ ついに雨が
 昨日の天気もあまり良くなかったが、昨夜の天気予報では午後から雨になるらしい。
 しかも、宿泊予定の富良野は特に悪そう。

 「晴れ女」の妻のパワーで、今日まで一度も振られずにいたが、前半のあの猛暑でお疲れか?


f0066555_11492197.jpg ナイタイ高原へ向かう道路わきのヒマワリ畑

 女満別では残念な結果だったので、ここでは何枚かヒマワリの写真を撮る。

 高原に近い道なので、そんなに車の往来もないだろうと思ったのに、停車中に何台も通過する。
 田舎道と思ったが、どこかにつながる重要な道路?

 この少し先で左折して高原に向かう。


f0066555_1295511.jpg ナイタイ高原牧場

 この牧場は公共の牧場として、日本最大。 1,700ヘクタールの広さ。

 高原に上がる手前くらいから、すごいモヤに包まれる。 視界100mくらい?

 写真のレストハウスで、コーヒーを飲みながらモヤが晴れるのを待った。
 だいぶ、見晴らしが良くなったが、それでもこれくらい。


f0066555_12163745.jpg 放牧中の牛

 先ほどのレストハウスからも、牛の群れが見られたが、どれも遠すぎて写真に撮ると、ゴマつぶみたい。
 なにせ牧場が広いのだから、遠いのもしょうがない。

 それでレストハウスからの帰り道に、たまたま発見した牛たちのスナップ。
 先ほどのモヤは、少し高度が下がってもう大丈夫。


f0066555_12251176.jpg 狩勝峠を越える

 峠の名は、石狩・十勝から一字づつ取ったという。 さぞかし、アイヌ語に語源をもつ「ゆかしい名前か?」と思ったが。

 この碑は駐車場とは、道路を挟んだ反対側にある。
 さらに右側に小高い丘があり、そこからだと十勝平野が一望できる。

 丘からの眺めは、曇り空のためイマイチだったが、たまたまそこにパラグライダーで飛び立とうとしている人がいる。
 が、風が強いためかなかなかスタートを切らない。


f0066555_12402633.jpg ようやく舞い上がったパラグライダー

 しびれを切らせて駐車場に戻った時に、ようやく舞い上がった。

 ず~っと前から見ていた人がいて、この前に既に3人が降りて行ったとのこと。
 とりあえず待機している人がいないので、これ以上は待ってもムダ。


f0066555_12455138.jpg 十勝岳はまったく紅葉していなかった

 富良野に入ると、豪雨と言っていいくらいの雨が降り出す。
 それでも「もしかして」と、十勝岳温泉まで車を走らせる。

 その結果、雨は上がらず、期待の紅葉も気配さえなし。


f0066555_12514018.jpg 富田ーファームは傘を差して

 十勝岳が残念だったし、散策のつもりだった時間が余ったこともあり、宿に入る前に2、3ヶ所立ち寄っていくことに。

 ラベンダーの時期なら、観光客であふれるほどだが、駐車場にも苦労なく停められた。

 さすがに観光農園なので、ラベンダーこそ終わっているが、秋の草花が彩り鮮やかに植えられていた。
[PR]
by t_ichib | 2012-09-23 10:51 | 今日もまた旅の空
<< 北海道9日間⑨ 最終日 北海道9日間⑦ 少しのどかな所ばかり >>