北海道9日間⑨ 最終日
 昨日の雨は上がったものの、雲は低く立ち込める。
 最終日は11時までにレンタカーを返し、旭川空港を出発しなければならない。

 富良野から旭川へ向かう途中の短い時間で、良いところがあれば立ち寄るぐらい。


f0066555_10124993.jpg 本来なら旭岳を望む絶好のロケーション

 宿泊した宿の奥さんが、「この天気ではどうかな?」と言いながら、勧めてくれたあまり知られていない、旭岳を一望できる穴場。

 この厚い雲に覆われていては、どの方向に旭岳があるのかさえ分からない。


 この旅行中、宿では本を読むかテレビを見てすごすことが多く、6時台の地元北海道のニュースを良く見た。

 中国の反日感情の高まりから、中国人観光客の大量のキャンセルが相次ぎ、観光業に少なからぬ影を落としている。

 私の住む岐阜県も、白川郷が世界遺産となっており、高山や長良川の鵜飼などの観光資源があり、他人事ではない。

 昨年の福島の原発事故以来、激減していた観光客がようやく回復し始めていた矢先の、降ってわいたような災難。


 早く騒ぎが収まって欲しい。
 その反面、それにづけ込んで日本人経営のお店から略奪をするような国は、GNP第2位の文明国のすることだろうかと、腹立たしくもある。


 最後に泊まったペンションは、シーズンオフで宿泊客は私たちだけと言うこともあり、いろんな話をした。
 奥さんは元々は北海道の人ではない。 北海道好きな一人の観光客が、いつの間にか宿を経営する側に。
 それだけに北海道を愛する気持ちは強い。

 小さな宿だが、中国・台湾・フィリピンなど外国人観光客も多いようだ。

 当初は、満室で予約を断っているのに、まぎわにキャンセル(連絡なしで)されたり、無料で貸し出ししている自転車を、「雨が降ってきたから」と駅前に放置し、タクシーで帰ってくるなど、迷惑を顧みないマナーの悪さがあった。

 それを徐々に「しつけてきて」良いリピーターになってきたのに...と。


f0066555_11165531.jpg 飛行機から見下ろす広々とした北海道

 楽しい思い出と、最後に少し複雑な思いを後に旭川空港を出発。

 飛行機より下に雲があり、やがて何も見えなくなる。
[PR]
by t_ichib | 2012-09-24 10:03 | 今日もまた旅の空
<< 台湾旅行① 北回帰線 北海道9日間⑧ ついに雨が >>