台湾旅行③ もう最終日
 最終日は忙しい。
 昨日回り損ねた1ヶ所の観光が今日に回った上、帰国のための荷物のパッキングなどがある。

 朝食が7時から、出発が7時半と言う。 「そんなのはとても無理だ!」との苦情に、ホテル側に交渉し朝食を10分早め、出発を10分遅らせる。
 さらに、免税店でのショッピング時間を少し短縮。

 それでも忙しい。


f0066555_98529.jpg 中正紀念堂

 ここが前日回り損ねた所、紀念堂の周囲は15,000㎡もあり、実に広々としている。

 『自由広場』と書かれた門の間に、中正紀念堂が写っている。

 中正とは、初代大統領蒋介石の本名で、彼を顕彰する施設。


f0066555_9373468.jpg 忠烈祠の衛兵交代

 本来は2箇所で行われる衛兵交代だが、現在は大門付近が工事中で、大殿のみで行われた。

 観光客にとっては、衛兵交代のセレモニーが人気だが、彼らにとってはその後の一時間の方が大変。
 微動だにしない(瞬きさえ)1時間は、私たちには想像もつかない。


 彼らは職業軍人ではなく、徴兵制により軍務につく若者たち。
 身長・体重などの基準を満たし、厳しい訓練をパスしたものたちだけが、交代で任に着く。



 最終日の観光のメインは故宮博物館
 十分とは言えないが、2時間ほど説明を受けたりしながら見て回った。

 ここでの一番人気は、ヒスイで作られた白菜。
 博物館に入るまでは「ぜひ見るべき」と薦めていたガイドも、それを見ようとする人の長蛇に列に「パスしましょう」と。

 前回見たとき、白と緑の素材を生かした見事な作品と思ったものの、「こんなに列を作ってまで」とは。
 あのツタンカーメンの『黄金のマスク』さえ、こんなには並ばなかった。


 前回経験済みだが、出退勤時間のバイクの隊列も印象に残った。
 ガイドは、国民所得が日本ほど出ないので、みんなが車をもてないと言うが、この人たちがすべて車で通ったら、交通が麻痺してしまう。 賢い選択をしているのでは。

 台北では部分開通している地下鉄の、全線開通がまもなく完成する。
 その頃にはこの風景にも、変化が現れるのではないか。


 交通関係で、「ちょっといいな」と思ったのだ、高速道路の料金。
 料金所が何ヶ所かあり、料金所を越えなければ無料。 超えたとしても、日本よりかなり安い。

 高速道路の従量制を検討中ということだが、その場合でも近距離は無料になるらしい。


 町には圧倒的に日本車が走り、東北大震災の時には多額の義捐金を寄せてくれた国。
 尖閣列島の問題が生じてから、いくぶん微妙な面もあるかもしれないが、この国では放火・略奪などは聞いたこともない。
[PR]
by t_ichib | 2012-10-26 08:47 | 今日もまた旅の空
<< ようやく... 台湾旅行② 列車の旅満喫 >>