ジジ馬鹿の一泊旅行
 春音がこの1年間、「よくがんばったから、ごほうびに」と、春休みに北陸へ旅行に連れて行くことにしていた。
 保育園には春休みはないが、妹の彩乃も一緒に。 小さい弟の晃希はさすがに無理。

 二人ともすごく楽しみだったようで、自分たちでカレンダーに印をつけて、この日を待っていたようだ。 (もっと楽しみにしていたのは、ジジババだったけれど)


 福井県立恐竜博物館

 1日目は、恐竜博物館へ。
 妹の彩乃でさえ、ティラノサウルスとトリケラトプスの名前を知っていた。 ちゃんと予習をしてくるなんて、私とは大違い。 (妻の血をひいたのか?)


f0066555_16585038.jpg 【会場外の恐竜の大きな口に】

 会場の周囲にはこうした恐竜の模型がいくつかあり、記念撮影などで楽しめる。

 広い原っぱもあり、長~いスベリ台などの遊具もあり、小さい子はそちらでも楽しめる。

 スベリ台は安全のためか、あまりスピードが出ないようになっている。 むしろスベリ台の縁を持って体を前に押し出さないと、下まで降りてこれない。



f0066555_17223456.jpg 【いよいよ入館】

 会場に入るとそこが3階になっており、長いエスカレータで1階まで降りる。

 その先には作り物とは言え、恐ろしげな恐竜が頭や尻尾を動かしている。
 大きな口を開け、うなり声まで。 彩乃は大丈夫か?


f0066555_1747535.jpg 【展示されている恐竜の化石の数は、半端ではない】

 二人とも恐竜は何万年も前にいなくなったと知っているし、骨だけだと怖くないし。
 中には「かわいい!」とさえ思える恐竜もいるし。

 展示を見るのも昼食をとるのも、アニメ映画の上映時間に合わせて。
 今日は「不思議の谷の恐竜たち」という作品。

 上映時間20分は、ここまで運転してきた私にとって、貴重な睡眠時間。

 「怖くなかった」という彩乃の感想は、「ちょっと怖いシーンもあった」ということ。


f0066555_181298.jpg 【恐竜博士と一緒に】

 博物館の入り口から右手に、小高い丘に登れる道がついており、そこのベンチに恐竜博士の模型が座る。 (博物館入り口付近にもある)

 この博士は、さっきのアニメ映画に出ていたような?
 夢うつつながら、確かに見てたはず。



 この日のもう一つの楽しみは、ホテルの「海みたいな」お風呂、隣の男湯にまではしゃぐ声が聞こえてきていた。
 夕食の前後に2回、そして翌朝にも。 たまに寝起きの悪いこともあるらしいが、「お風呂に行くよ」と声をかけるだけで、ぴょこんと飛び起きる。




 エンゼルランド福井

 2日目はここに行くことに決めていたが、ホテルのフロントに置いてあったパンフレットで確認。
 スペースシアターの上映番組は時間ごとに違うので、「アンパンマン」の時間に合わせての出発。


 スペースシアターとは言い換えるとプラネタリウムのこと。 上映作品もプラネタリウムを想定して作られているようで、途中で星座が出て来た。
 アニメの後には星座の解説があり、こちらは大人にも興味が持てる。

 スペースシアターは子供・幼児も有料だが、展示コーナーの方は大人のみが有料、こんな施設が岐阜にもあればよいのだが。


f0066555_19301624.jpg 【いろんな国の家が。 これはドイツの家だった?】

 小さな子供でもチャレンジできるクイズコーナーがあったり、手や体で感じられる世界のこと・自然や生き物・エコ、そして宇宙のことまで。

 無料の子供はもちろん、大人もチケットさえ見せれば再入場可。
 お昼を食べてからもう一度入ることができる。


f0066555_20215325.jpg 【楽しいお昼ご飯】

 昨日のお昼には、彩乃の好き嫌いにてこずった。
 妻の選んだメニューから少し取り分けて食べさせたのだが、まったく箸をつけようとしない。
 最後に春音の食べていたラーメンを少々。

 食堂のメニューを見ただけでは何が食べられるか、本人にも分からない。
 だから、今日はコンビニでおにぎりを。 選んだのは納豆まき。

 以前は姉の春音も好き嫌いの上、少食・食べるのが遅いと大変だった。 今では保育園・学校の給食に鍛えられ、何でもたくさん...


f0066555_20374445.jpg 【屋外施設も】

 昼食後は再入館する前に、暖かったのでひとしきり屋外施設で体を動かす。

 屋内の施設ばかりか、この「こどもの雲」や噴水広場などでも、ずいぶん長いあいだ楽しんだようだ。

 屋内には展示コーナー以外の無料で利用できる施設がいくつもあり、うらやましいくらい充実している。


 思わず、「県が原発交付金で潤っている?」と。 違っていたら失礼。


 とにかく、春音・彩乃ばかりでなくジジババまで楽しめた2日間だった。
[PR]
by t_ichib | 2013-03-28 16:26 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< この4、5、6月は… 南イタリア⑦ 最終日もたっぷり観光 >>