この4、5、6月は…
 なんと言うこともなく、ただブログの更新がおっくうになって。


 4月は、1年と少し育児休暇をとっていた娘が職場に復帰。 やや遅くなってしまったのは、年の途中では保育園に空きがなく、晃希の入園が4月になってしまったから。

 4年前になるが、2人目の彩乃が入園したときは、4~5月は環境の変化のためなのか、よく病気になり保育園に迎えに行ったりした。
 その経験があるので、特に4月、5月は私たちも出かけることをひかえたりした。


 意外なことに、私たちの出番は思っていたよりは少なかった。 しかも、1日休めば次の日には元気に保育園に出かけられたりもして。
 彩乃の時は、一度病気になると2、3日は続けて休み、「保育料は1ヶ月分払っているのに、半月しか通園していない」などと、思ったりしたものだ。


 保育園でのようすも、小食だった春音、好き嫌いの多い彩乃の2人のお姉ちゃんに比べ、「何でもよく食べます」(保育士)とのこと。
 その保育士さんの膝が空いていると、すばやくその上に座っている。 ちゃっかりというか、甘えっ子というか?

f0066555_202435.jpg
         その4月に出かけたところは、木曽三川公園のチューリップ


 5月も、晃希の病気発熱は1回あったきり。
 その代わり4月末から5月にかけて、春音の授業参観・家庭訪問、さらに災害時のための『帰宅訓練』などの学校行事が続く。
 復帰したばかりであまり休んでばかりいられない娘に代わり、そのうちの半分くらいを妻が肩代わり。

 私といえば、娘の家への往復の運転手のみ。 こういうときにはジジイは役立たず。

 1回きりの晃希の病気は『胃腸カゼ』、学習能力に欠けるジイは今回もありがたくプレゼントを頂き2、3日寝込む。

f0066555_20331753.jpg
             5月に出かけた花フェスタ記念公園のバラ


 6月に入って、実は今日19日から3週間あまり、妻がオーストリアに出かけた。 妻の友人と2人っきりでの個人旅行。
 その友人はいくらかドイツ語ができるので、ツアー旅行でしか行ったことのない私には、想像もつかない格安の旅行となる。
 ともにダンナをうっちゃての気楽な旅を満喫の予定。

 その旅行中に晃希たちの誰かが病気になれば、私一人で駆けつけなければならないが、「まぁ何とかなるだろう」と。

f0066555_20515647.jpg
            6月は、近場で大垣市の曽根城公園のしょうぶ


 妻の不在中、万が一の娘からの「SOS」に対応できるよう、(普段携帯を持ち歩かない私に)「ストラップをつけ首からぶら下げているように」と、妻からの厳命。

 それでも、せめて土日くらいはどこかに出かけたいと思っている。
[PR]
by t_ichib | 2013-06-19 21:00 | 今日もまたなにごともなく
<< 晃希の一大事 ジジ馬鹿の一泊旅行 >>