ようやく託児所の終了
 昨日春音の長い託児所生活の終わりに、感謝のしるしとして娘夫婦から食事の招待を受けた。 実はそれ以外にお礼+誕生祝(私たち夫婦は二人とも4月生まれ)で、ノートパソコン(娘の夫の社内販売)を買ってもらった。 この投稿はそのノートで。 その前日から娘と春音は我が家で最後(?)のお泊り。 こちらを出発する直前まで買い物などをしていたものだから、先にお店についていたパパはやきもきして待つことに…。
 お店は金華橋近くの長良川に面しており、早く予約したおかげで、川に面した2階の個室に落ち着くことができた。 当然春音の食事は取ってなかったのだが、お店のサービスでスープと最後にアイスクリームが用意された。
 大人たちにはいいのだが、ゆったりとした2時間半の食事時間は春音には退屈だったのか、部屋中を歩き回り、ついには廊下の向こうの隣の部屋(お互いの部屋の入り口はついたてが有るだけ)にまで…。 幸いお隣は女性ばかりのグループで、9ヶ月の男の子がおり、その子も春音が近づくと声をたてて喜んでいた。 もちろん、春音もその子が見たくて隣の部屋をのぞくのだが。
 子供同士の良さはこんな風にお互いに興味を持つというところか。 5月1日から始まる保育所もこんな風に、楽しいといいのだが。
 連休中に、家内の兄弟たちと豊橋で食事会がある。 その時に娘も春音を連れて一緒に行きたいと言う。。 その後は(保育所でのトラブルがなければ)しばらく会えないことになる。 春音に忘れられないよう、1ヶ月に1度くらいは会えるといいのだが。
[PR]
by t_ichib | 2006-04-30 22:31 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 赤坂お茶屋敷の牡丹 臨時託児所もあとわずか >>