南米旅行① なぜかロスアンゼルス観光
 妻の数年越しの念願の地、南米への旅行にようやく旅立つ。
 旅先で知り合う人たちから、マチュピチュのすばらしさ・イグアスの豪快さを聞かされるたび、「いいな、いいな!」と目を輝かせる妻。

 そのたびに私は「片道だけで2日近くかかるなんて、体が持たない」と逃げの一手。

 ところが、あいにくなことに幸いにもビジネスクラス利用のツアーが出てきた。 (成田=LA間のみ、その先のペルー等へはエコノミークラス)

 ビジネスクラスに乗るのは2度目、ずいぶん昔にオーバーブッキングとかで、ハワイまでビジネスクラスに乗ることができた。 そのときに比べ、同じビジネスクラスでも席に余裕があり、熟睡とまではいかなくとも、十分体を伸ばして休むことができた。


 LA着が現地時間で午前11:35、そしてそこからリマへの出発時間は日付が変わった9月1日の深夜0:15。
 その間を利用して、半日市内観光のオプションが組まれている。
 もう一つのオプションが「ホテルスティ」、シャワーで汗を洗い流し、短時間の仮眠を取る。

 以前にもLAに来たことがあるのなら、そちらの方も良かっただろうが、ハワイ・アラスカには行ったことがあるが、アメリカ本土には初めて。
 迷わず「市内観光」を選ぶが、「ホテル」を選んだのは25名の参加者のうち、1組2名のみ。



f0066555_2222047.jpg 【いきなり、度肝を抜くフリーウェー】

 バスの車窓からなので不鮮明な写真だが、8斜線? 斜線の数を数えるのが難しいくらい。
 今日は土曜日なのでこんなにすいているが、平日の通勤時間帯は大渋滞だそうだ。

 ただ、広いアメリカのこと、東海岸の本社の就業時間に合わせている企業もあり、通勤時間帯も前後にバラけているという。

 フリーウェーの名の通り、高速道路の通行料金がタダなのはうらやましい。

 写真の手前側のセンターライン寄りの斜線に黄色のラインが引かれているのが分かるだろうか?
 これは「相乗りライン」といわれ、通勤時に相乗りを推奨していた市が、相乗りをしている車のみの通行を認めたライン。

 ただし、現在は「相乗り」は廃止され、財政難の市にあらかじめ料金を支払った車のみが通れる有料通行帯となっているそうだ。 どこも大変なんだ…。



f0066555_22235255.jpg 【チャイナタウンでの昼食】

 着いた時間が時間だけに、すぐに昼食。
 機内食では、ほとんどの人が和食のコース料理を選んでいたのだから、中華でなくアメリカらしい食事でも良かったと思うのだが。

 さらに言えば、この後もあまり体を動かすことなく、次々に機内食が出てくる「添乗員の言葉によれば、ブロイラー状態」が続くのだから、もう少し軽めの食事の方が良かった。


f0066555_22361894.jpg 【車窓から眺めただけのリトルトーキョー】

 チャイナタウンによったのだからと、日本人街にも。
 漢字だけでは区別がつかないが、お店の看板にカタカナが使われていると、「やはり日本人街だな」と。

 ただすぐ近くに、Korean BBQのお店があったりで国籍不明な面も。



f0066555_22501451.jpg 【LA観光の目玉:ハリウッド】

 ハリウッドハイランドに入る前から、山肌にくっきりと目立っていたハリウッドサイン。
 その最大のビューポイントは、コダックシアターのそばのテラス。

 とはいっても、これをバックに入れて記念撮影しようとすると、顔だけがバカでかく写ってしまう。


f0066555_2258165.jpg 【ウォーク オブ フェーム】

 歩道にいくつもの星型が並ぶ。
 映画の発展に寄与した人・作品などがその星型に記される。

 陽があたって見えにくいが、「GOZILLA」の文字は唯一の日本作品なのだそうだ。



f0066555_2363743.jpg 【最も人気の高いスターの手形とサイン】

 あまり映画を見ない私でも、結構知っているスターが多い。 それでけここに刻まれているのは大スターだということか?
 さすがに、現在も活躍しているスターの手形には、写真を撮ろうとして群がる人も多い。

 亡くなって久しいが、マリリン・モンローの手形には自分の手のひらを合わせ、記念撮影する女性も多い。
 写真の手は、恥ずかしながらわが妻。



f0066555_23194961.jpg 【Rodeo Drのとおりに止められたスーパーカー】

 このあたりは高級住宅街で知られるビバリーヒルズの近く、高級ブランド品のショーウィンドゥが続くロデオドライブ。

 私も妻もさすがにその「高級さ」に、気後れがしてお店を冷やかすことも無く、ただ通りをブラブラと。
 ちょっと前にバスの窓から見かけたスーパーカーの所で記念撮影。
 私たちばかりでなく、道行くアメリカ人たちも。 中には大胆にもドアに手を掛けて記念撮影。

 この車は駐車しているのでなく、「路上展示」しているんだなと。
 負け惜しみだが、燃費は私のインサイトの方が良いと。



f0066555_23381979.jpg 【サンタモニカビーチ】

 短いLA観光の最後は、サンタモニカビーチ。
 バスの駐車場からは、写真の歩道橋を渡りビーチに降りる。
 その向こうはサンタモニカビア(ジェットコースターなどがある遊園地)

 8月最後の土曜日だというのに、泳ぐ人をあまり見かけない。
 寒流だから、水質が…、アメリカ人はもっぱらビーチで肌を焼く…とか言われるが。
 (その水着姿も遠目からでは、いるのかいないのか?)

 隣のベニスビーチまでサイクリングする人も多いと聞くが、むしろジョギングする人の方が目に付く。



 市内観光を終え、今からはリマへ。
 機内泊という名の、0泊2日の日程(日付変更線を越えてきた日本からの分を加えると)厳しい。
[PR]
by t_ichib | 2013-08-31 20:23 | 今日もまた旅の空
<< 南米旅行② クスコ観光 楽しみの夏休み一泊旅行② >>