豊橋動物園にて
 前日8時過ぎには家を出て、岐阜に寄って娘と春音を車に乗せ、豊橋へむかう。 恐るべし連休の高速道路、渋滞に巻き込まれついたのは12時半を過ぎていた。 その夜は兄弟たちとの会食。 先日の寸又峡の写真ができあがり、それに加えて子供の頃の写真を持ってきたりして、大いに盛り上がった。 出席した孫のうち最年長は20歳、おばあちゃんが私くらいのときの写真。 始めて見た、オドロキ…。
f0066555_14541131.jpg 翌日は、豊橋動物園へ。 今万博に展示されていたマンモスが、動物園の中の博物館に展示されている。
 マンモスを一目見ようと言う人、その上今日はこどもの日、開園の30分も前に着いたのに、駐車場に入る長い車の列。 大人はマンモスを見たいのだが、春音にとってはその人ごみはヒジョーに迷惑な話。 マンモスはもちろん撮影禁止、常設の恐竜の骨組みの前で1枚。
 「アー疲れた、それにしても目の前のコノ変なものはなんだろう」って言っているように見える。
 さてお目当ての動物園。 最初に向かったのはふれあい広場、小さな子供達がウサギやヒツジ、モルモットなどに触れることができます。
f0066555_1514613.jpg 膝に乗せたモルモットがピクピクッと動くたび、「これはナニ」って驚いたり、フェンスの外側から、妻が「春音ちゃーん」と声をかけるたび、気をとられたりしながらの1枚です。
 その後は動物園を一回り、鳥やゾウ、カンガルーなどが気に入ったようで、「アー」とか声を出しながら指差していました。
 帰りの高速道路はさしたる渋滞も無く、車の中で一眠りした春音は、2日間お留守番だったパパにご機嫌で抱きついていました。
 これで、2ヶ月の託児所+オマケの春音との毎日は、ようやく終りです。 これからはチョット見ない間の成長ぶりを楽しみに、会えるの待つことにします。
[PR]
by t_ichib | 2006-05-05 22:42 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< タケノコと山菜採り 連休の京都へ >>