南アフリカ旅行⑤ 3つの首都
 経済発展の著しい新興国をあらわす BRICS という言葉を始めて聞いたのはいつだったか?

 4つまではすぐに分かったが、Sが分からなかった。 それが南アフリカ。
 (BRICs、最後のsは複数形で4カ国だとする説も有力)

 5つの国のうちすぐ近くの国だけは、近いがゆえに隣接する国々と摩擦を繰り返す姿に、眉をひそめることが多い。

 南アフリカはどうなんだろうか?
 アパルトヘイトの時代は、もちろん周辺国から孤立していただろう。

 著しい経済発展は、周辺国から警戒感をもたれているだろうが、どこかの国のようには大気汚染の輸出や、軍事的脅威をもたらしてはいないように見える。


 南アフリカには首都が3つあるという。
 立法の首都は、今朝までいたケープタウン。 確かに車窓からではあるが、国会を目にした。

 司法はブルームフォンテン、行政は今夜宿泊するプレトリア。

 ただし、経済面ではヨハネスブルグ、人口の面も含め南アフリカの最大都市。
 19世紀に金鉱脈が発見され、爆発的に人工が増加した。 貧富の差が原因で、治安が悪いとされる。



 今朝は早朝7時にホテルを出発し、ケープタウンからヨハネスブルグまで飛行機で移動。

f0066555_9555121.jpg サッカーワールドカップ南ア大会のメインスタジアム。

 残念ながら、日本はここに来るまでに敗退したので、日本のサポータたちはこのスタジアムを見ていないかもしれない。

 今日はこの旅行中唯一の雨。
 雨の少ないこの国では恵みの雨なのだろうが、観光にはやはりうっとうしい。


f0066555_101937.jpg ソエト地区にあるマンデラ元大領の元住居。

 ソエトは、アパルトヘイト時代に多くの黒人たちが、ヨハネスブルグから強制移転された地区で、実際にマンデラ氏がここに住んだ期間は短い。

 近くにツツ主教の住んだ住居もあって、2人ものノーベル平和賞受賞者が住んでいた町は珍しいとされる。


f0066555_10254181.jpg ヘクター・ピーターソン(ソエト蜂起の時に殺害された少年)記念碑

 1976年、南ア政府はすべての黒人学生にアフリカーンス語を学ぶように強制した。
 アフリカーンス語は、イギリスとともにもうひとつの特権階級であったオランダ系のアフリカーナーの言語だったため、これに反発した学生のデモに対し警官が発砲、死者は176人に達した。

 抗議行動は間もなく鎮圧されるが、その後も続く衝突により経済は混乱し、南アフリカ政府を危機に陥れた。



 今回の旅行の大きな目的の一つが、満開のジャカランダの花を見ること。
 その一面のジャカランダを見られるというのが、プレトリアだということだったが、残念ながら季節的にプレトリアではもう終わりだという。

 南半球ではジャカランダ前線は北から南へ下がってくる。 ヨハネスブルグでなら、少しなら見られるという。

f0066555_10593186.jpg ヨハネスブルグの住宅街に咲くジャカランダ並木。

 中南米が原産とされるが、私が始めてみたのはスペインだった。

 色が異なるがサクラにも似ていて、ハワイに移住した日本人にも愛され、ハワイザクラの異名もあるとか。


f0066555_1110090.jpg あいにくの雨が残念だが、地面に散り敷いた花びらを見ると、いっそうサクラっぽい。




f0066555_11131513.jpg

 さらに「珍しい白いじゃガランだがある」と。

 この花はタネでは増えず、接ぎ木で増やすそうだ。
 そのあたりもソメイヨシノと同じで、ますます日本のサクラのよう。



f0066555_1624308.jpg 【スタークフォンテン洞窟】

 1947年、この地域の石灰石の採掘場から、類人猿の頭蓋骨が発見された。
 当初は中年婦人、ミセス・プレスと名づけられたが、後に若い男性と判明。

 気楽な観光旅行のつもりが、こんな学術的な場所まで来てしまい、ちょっとびっくり。


f0066555_16403070.jpg 1974年にエチオピアからほぼ全身に近い類人猿の骨格、「ルーシー」が発見され、人類発祥の地として東アフリカに注目が移る。

 今世紀に入りこの地で貴重な発見があり、再び南アフリカが注目を集めている。
 スタークフォンテン地区は、「人類のゆりかご」として世界遺産に登録。


 f0066555_17222553.jpg その洞窟の近くの木に不思議な鳥の巣を発見。

 枝の先に虫かごのようにきれいに編まれた巣がぶら下がっている。

 はじめは「何かな?」と見ていたところ、小鳥が飛んできてここに留まる。
 分かりにくいが、巣の左に黄色い小鳥が。



f0066555_17311844.jpg 【プレトリアのユニオンビル】

 いよいよプレトリアに。
 ここはヨハネスブルグやケープタウンよりは治安がいいのか、ガイドからも外出を止められなかった。

 夕食まで少し時間があり、雨も上がったので、少し散歩に出る。
 ホテル近くの大きな公園の背後にあるユニオンビルには、大統領府などの行政機関が入る。


f0066555_17405794.jpg 大統領府の前に建つ巨大なマンデラ元大統領の像。

 マンデラ氏は今も多くの人々から敬愛されているようだが、続く二人の大統領はいくらか評価が低い。
 自分の出身部族に利益を誘導しているというのが、その理由だ。
[PR]
by t_ichib | 2014-11-11 08:42 | 今日もまた旅の空
<< 南アフリカ旅行⑥ ザンビアから... 南アフリカ旅行④ 嵐の岬? >>