四国旅行番外編
 9日目(6/1)倉敷~姫路~自宅
 20数年前、(当時は尼崎に住んでいたが)まだ幼かった娘を連れて小豆島で1泊した後、倉敷のアイビースクェアにもう1泊しようとして、満室で断られたことがあった。
 その時の残念な気持ちから、瀬戸大橋を越えて倉敷で泊まることになった。 今回はバッチリ予約済み。
f0066555_22362919.jpg それでも、今回の旅行の中では、平日にもかかわらず、最も同宿者が多かった。 相変わらずの人気なのか。
 翌朝、美観地区といわれる運河の周囲を歩き回った。 早朝だったので観光客も少なく、お店も開店前だったりして、静かなたたずまいを堪能できた。

 今日はもう1ヶ所、国宝そして世界遺産の姫路城を見学。 千姫が住んだ西の丸の化粧櫓や渡櫓には、長局などのいくつかの居室があり、奥づとめの女性達が住んでいたとのこと。
f0066555_874113.jpg 四国で見たいくつかの城は山の中にあり、たとえ城主でも平時は(不便で)住んでいたとは思えなかった。 山の城と平地の城の違いが、きっとあるのだろう。
 城の沿革を見ると、歴代の城主は池田→本田→…→酒井などと代わっている。 四国の他の城もそうだった。 改易、国替えなどによるのだろうが、初期にこれだけの城を築いた人達は悔しかったのではないだろうか。
 城主と共に他の土地に移らなければならなかった家臣たちも、キット大変だったろう。

 昨日今日の2日間は、以前見たことがあるところばかりを回ったが、懐かしくもあり、一方以前には気がつかなかった発見をして面白かった。
[PR]
by t_ichib | 2006-06-01 21:51 | 今日もまた旅の空
<< 未来のネットサーファー? 四国旅行その3 >>