もうすぐ鳥人間コンテストが
 昨日のテレビで、「単3乾電池160個で、飛行機を飛ばした」というニュースを見た。
 松下電器と東京工大が協力して開発したとのことだ。
 東京工大といえば、わが息子もやっていた「鳥人間コンテスト」に出場する強豪チーム。 昨年も堂々の3位だった。

f0066555_852413.jpg ついでながら、わが息子が所属したチームもなんと5位だった。 その前年、前々年と続けて書類選考で落とされていた弱小チームであっただけに、息子もチームメートも嬉しそうだった。
 かく言う私たちも親ばか振りを発揮して、琵琶湖まで応援に行ったものだった。

 今年もその「鳥人間コンテスト」が今週末、7月22日に開催される。
 サークルの主力は3回生、息子達4回生はOBになるそうだ。 といっても、その多くがきっと応援に駆けつけることだろう。
 大学院の入試が8月始めにあると聞いているので、(学生の8割が進学するといわれている)親達としては「おいおい、そんな呑気にしていていいのか」と、大いに心配。

 そのサークル員が(ついでに親バカの私も)誇りにしているのが、強豪チームに並んで(昨年5位の実績で)シード校になっていること。
 シード校の特典として、「応援ボート」(チームの飛行機が飛ぶ下を、ボートから激励の声かけなどをする)を出してもらえるそうです。

 今年は都合で琵琶湖まで応援に行けないので、読売テレビの放映(多分今年も9月中旬?)を楽しみにする。

【蛇足】 コンテストでは乾電池ではなく、自転車のようにペダルを足で踏みます。
[PR]
by t_ichib | 2006-07-17 08:58 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 小さな楽しみ 猫 >>