やがてかなしき
 昨夜長良川の鵜飼を見てきた。 長く岐阜に住んでいるのに、はじめての鵜飼。 そういえば長良川の花火だって、間近で見るのは子供の頃に1度きり。

f0066555_834616.jpg 日ごろの心掛けのせいか、予約したこの日は台風7号の接近で、遊覧はなくこの通り、中州に着岸しての鵜飼見物。
 18:45に船に乗り、19:45の鵜飼開始まで1時間この状態。 もっぱら(持参した)お弁当タイム。

f0066555_8121934.jpg
 鵜飼が始まる頃、遊覧船はわずかだけ岸を離れ、周囲を鵜船が巡ってくれる。
 前のほうからも、後ろからも公平に鵜飼が見えるようにしている。



f0066555_825172.jpg 写真が鮮明でないが、鵜匠が鮎を捕らえた鵜を引き上げた瞬間。
 遊覧船の船頭さんが色々説明してくれる。
 鵜を結ぶ綱の締め具合が微妙とか。 小さな魚なら鵜が呑み込めるような程度に。
 あまり食べ過ぎると、人間同様に勤労意欲がなくなると、笑わせてくれる。

f0066555_8381534.jpg やがて6隻の鵜船が横に並んで鮎を追い込む「総がらみ」で、鵜飼のクライマックス、そして終りとなる。

 近くに座った遠慮のないおばさんが、「今日は遊覧がなくて楽だったわね」と、遊覧船の船頭さんに声をかける。
 が、「遊覧手当てがなくなる」んだそうだ。 鵜匠が宮内庁、遊覧船は岐阜市の運営、みなさん公務員なんだ。

 台風7号は結局、我家の渇ききった芝生に1滴の雨ももたらさず、それていった。 (被害にあっている地方には申し訳ないが)昨夜は強風が吹くこともなかったし、遊覧して欲しかったと思う。
[PR]
by t_ichib | 2006-08-09 09:09 | 今日もまた留守にしています
<< うれしい収穫 毎年楽しみのひまわり >>