春音in京都&琵琶湖
 おおよその(そして娘の)会社のお盆休みが終わった17日、春音の体調が今ひとつで保育園に連れて行くことができず、また我家で臨時託児所。
 3勤4休の妻のバイトの出勤日だったので、私と息子の男2人の保父、どうなることやら。

 ところが、とても病気の子とは思えないほど元気。 かくれんぼ(?)みたいなことがお気に入りで、ちょっと隠れてから顔を出すという単純な遊びに、「きゃっきゃっ」と声を上げて夢中。
 暑い日だったので、1部屋のエアコンを利かせて休むつもりだったのに、(遊びたくて)その部屋に入ると泣く。
 それでも午後1時半にコテンと寝て3時間。 これで、今日の保父はほぼ終り。

 翌18日は息子を送って京都の下宿へ。 引き続き預かっていた春音も一緒に連れて行く。 高速道路を走り出す前にすやすやと寝付く。 春音にとって始めての京都は目をつむって開くまでの距離だったかもしれない。
 荷物を運び入れるため、息子と春音だけを部屋に入れドアを閉めると、途端に泣き出す。 わずか1日あまりでは、叔父はジジババと一緒でないと安心できないオジさんのようだ。

f0066555_11175550.jpg 昼食と買い物をすませるとすぐ、今度は一般道で帰路に。
 途中彦根の松原湖水浴場で、ちょっと遊ばせる。 ここは昨年「鳥人間コンテスト」で、息子のチームが5位入賞の好記録。 今年のシード権を獲得した地。 ただし今年はあっけなくシード権を失ったようだが。
 京都からここまで再びグッスリで、ちょっとボーっとしていて、適度なおとなしさ。 転げまわったり、頭から水をかぶったりする前にそこを後にする。

 久しぶりに家族全員の顔を見られ、ジジババ満足の5日間でした。
[PR]
by t_ichib | 2006-08-19 11:34 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< リンゴの街路樹 かなり太めなのに… >>