美ヶ原散策
 旅の2日目はここ美ヶ原だけ、ゆっくりの出発で山本小屋駐車場には10時半に着いた。
 歩き始めた道の両側は牧場、その柵に沿って帯のように花々が咲いている。 昨日見てきた花の大半がここでも見ることができる。

                     【リンドウ】          【アサキマダラ】
f0066555_9443338.jpgf0066555_9451367.jpgf0066555_9454376.jpg



 たまたま前夜、テレビで「渡り」をする蝶、アサキマダラに関する話題をチラッと見たばかり。 (写真はクリックすると少し大きく表示できます)

 前方には高くそびえる電波塔、そのずっと手前に「美しの塔」が見えてくる。 私たちより少し年配の女性達がそこで記念撮影されていた。 デジカメでも普通のカメラでもなく、なんと携帯での撮影。
 カメラつき携帯から充分鮮明な写真がプリントでき、また年配の方にもそれが普及しているからか。
f0066555_9472476.jpg その一行が先に進まれるのを待って、私達も何枚か写真を撮る。

 そこから「塩やり場」はすぐ。 草を食む牛、塩を求めて群がる牛の姿が見え、高原の牧場までやって来たんだという思いがする。
 「塩やり場」は天然の岩の上に塩を撒き、牛に与えているようだ。 帰りにここを通った時には牛の群れは見えなかった。
 ちょうどうまく牛の「おやつタイム」に来合わせたんだ。

 そこから王が頭へ花の帯は更に続く。 先ほどの女性達ははるか前方に、私たちがそこに着くころにはお弁当を広げていた。
 可愛らしい花を見つけ、ちょうど通りかかった林野庁の腕章をつけた職員に「これってエーデルワイスですか?」とたずねると、「ウスユキソウです」とのこと。
 林野庁の職員は何人もパトロールされており、別の場所で会った方は「イタドリが増え、厄介なんです。 鹿も食べてくれない」と。
 姿は見かけなかったが、ここには鹿が住んでいるんだ。
 歩き始めて1時間あまり、私達も美ヶ原の最高地点でお弁当を広げる。

 そこから自然保護センター、そして王が鼻へ。 今までとは違い起伏の多い石ころ道、少し足が痛み出す。
 その道でキレイな蝶を見つける。 自然保護センターでその内の1匹の名を確認。
 (是非、拡大で見てください)

   【ウスユキソウ】         【クジャクチョウ】        【不明】
f0066555_10383779.jpgf0066555_1039113.jpgf0066555_10393072.jpg



 駐車場まで帰りついたときは2:45。 4時間あまり、普通の人の倍近くもユックリ回ったんだろう。 ホテルの売店で高原牛乳を味わう。 霧が峰のものより少しチーズの味がするようだった。

 長野の旅行のお土産はりんご。
[PR]
by t_ichib | 2006-08-25 10:56 | 今日もまた旅の空
<< かぜのおとにぞ 霧が峰高原の花 >>