北海道旅行(1)
 9月7日(木) 名古屋⇒千歳⇒支笏湖

 今回の出発時間はセントレアを14:55。 あんまりのんびりで、気が抜ける思い。 今までだと前夜には準備をすべて整え、早く寝むようにしていたが、遅くまで本を読んでいたりした。
 もっともその準備もほとんど妻がした。 その最後は娘息子にお土産の確認。 娘…カニ。 息子…イクラ・たらこなど。
 札幌着は16:35。 レンタカーを借りて宿に向け出発したのは17:30頃。 支笏湖の宿に着いたのは18:15。 1日目の車の走行距離はわずか34Kmだった。


 9月8日(金) 支笏湖⇒昭和新山・有珠山⇒洞爺湖⇒大沼

 翌日は早朝から宿の人の案内で支笏湖の自然探訪、30分のミニコースでやや物足りなかったが、クマゲラの巣(木の幹の穴だが)45Cmもの大きな鳥なのに、意外に小さな穴で驚く。
 また、エゾ松のまつぼっくり。 おなじみの松ぼっくりと違い細長~い形と、枝から下向きについていると聞き、またびっくり。

f0066555_21542311.jpg 洞爺湖のほとりの昭和新山、有珠山を見て回る。
 写真は記憶に新しい2000年に噴火した西山火口、昭和新山からは少し離れたところにある。
 今も水蒸気を吹き上げている。
 当時、洞爺湖温泉にも迫っており、固唾を呑んでテレビの画像を見つめていたのを思い出す。

f0066555_2211539.jpg

 その洞爺湖、サイロ展望台というところでの写真。


f0066555_22182490.jpg 同じ場所で撮った姿の美しい羊蹄山。 おなじみの道路標識の下向きの矢印、十数年前初めて北海道に来たとき、ガイドさんが得意げに教えてくれた。 「積雪時に道路の端を示している」そうだ。


f0066555_22262044.jpg 今日の宿、大沼に着いたのは5時頃、日没にも宿の食事時間にも余裕のある時間なので、宿に近い小沼湖側を散策。
 コースの途中で小沼湖の夕日を撮影。 下のほうのもやもやと黒っぽく見えるのは、睡蓮。
 その間を鴨が泳ぎまわったりしていた。
[PR]
by t_ichib | 2006-09-09 22:50 | 今日もまた旅の空
<< 北海道旅行(2) きばなコスモス >>