北海道旅行(5)
 9月12日(火) 旭山動物園⇒美瑛

 今日のメインは旭山動物園。 札幌から高速道路を走り旭川まで、予定より1時間ほど早く着き、その分じっくり回ることができた。
 高速道路を降りた頃から、同じ方向に向かうレンタカーの数が多くなり、駐車場まで一緒に入ることになった。

 どうしてこんなに、ここ旭山が人気なのか。 名古屋の東山動物園、豊橋の動物園などにお世話になっているので、チョット考えてみた。
 一つには、昨年長良川の鵜飼が、愛地球博との相乗効果で賑わったように、近くの美瑛・富良野などだけでなく、北海道全体が観光地となっていて観光客が足を運びやすくなっていること。

f0066555_1448386.jpg よく言われているように、動物の見せ方に工夫がされている。
 中でも、オランウータン・ペンギン・日本ざるなどの「もぐもぐタイム」は大人気。 ペンギン舎ではすごい人だかりで、始めはチラッとしか見られなかった。
 が、その時何かの番組の収録でタレントの萩本欽一さんが近くに来られた。 ペンギンそこのけで欽ちゃんの方へ人が移動。 おかげで、このように写真を撮ることができた。 小さな体のイワトビペンギン、小さめの魚を2匹も貰うと、3匹目は辞退して次のペンギンに場所を譲る。

f0066555_1511453.jpg あまり注目されてこなかった動物を、うまく紹介して人気者に育ててもいます。
 「悲しい事故」があったけれど、クモザルと同居しているカピパラも人気者です。 ずんぐりした身体に小さい目、本当に癒し系の動物だと思います。

 そして、動物園としての主張もしています。 アニメの放映で可愛いと人気のアライグマは外来種で、北海道の自然に放されると、(繁殖力が強いため)キツネやタヌキなどが生存競争に敗れてしまう。
 その上(木登りが得意なので)鳥類への被害(アオサギ、シマフクロウ)が深刻になっているとのこと。
 従って、(本当は飼えなくなったペットを捨てる人間が悪いのだが)アライグマなど外来種は見つけ次第、駆除しているそうです。

f0066555_15484295.jpg 時間の余裕ができたおかげで、美瑛もジックリ見ることができた。
 なだらかな起伏に富んだ丘の風景が素敵です。 この写真は「四季彩の丘」。
 ラベンダーの季節が終わった今、ここは目も奪われるばかりの美しさです。

f0066555_15545952.jpg 右の写真はゼルブの丘の広い芝生。 その右側にはやはり美しい花が咲いているのですが。
 実はここ美瑛には2年前にも来ており、私は体調をくずし(帰郷後、胆のう炎で入院)この芝生でダウンして寝ていました。 それで、妻がどうしても「この芝生を撮れ」と言ったのです。

 9月13日(水) 富良野⇒新千歳空港

 最終日、出発前に宿の人に新千歳までの道を訊ね、富良野-桂沢湖-夕張ICのコースで帰ることにする。
 富良野を1時半くらいに出発すればよいということで、もう少し美瑛・富良野を観光することに。

f0066555_1617235.jpg 美瑛で見残した三愛の丘、拓真館などを回り、富良野へ。
 この深山峠がたぶん美瑛と富良野の境。 富良野はファーム富田、ワイン工場などもあるが、何と言っても「北の国から」功績が大。
 2年前には、ロケに使われた「石の家」、「拾ってきた家」などのほとんどを回り、感動のシーン布部駅にも行った。 今回は時間が無く、麓郷の森のみ訪ねた。

 疲れた、でも出かけてきて良かった。
 今日は帰ったら、すぐ寝る。 いろんなことはまた明日…
[PR]
by t_ichib | 2006-09-14 16:34 | 今日もまた旅の空
<< 9月の行事とお天気は 北海道旅行(4) >>