花フェスタ記念公園
 近くの公園や道路わきなどバラが咲いているのを見かけるようになった。(我家のつるバラも)
 ちょっと気が早いと思いつつ、花フェスタ記念公園に出かけた。 前日、HPで調べたら「2割ぐらい」ということだったが、もう少し咲いているような気がした。

 春のバラは、寒い冬を耐え抜き一斉に咲き出すので見事だが、秋はバラごとの個性で咲く時期を違え、満開という「時」がないのかもしれない。
 それに春先と異なり葉が生い茂っており、色あざやかな春に比べやや地味に思われる。 私などはあざやかさを期待して物足りなく思ったりするが、きっと秋のバラの楽しみ方があるのだろう。
 とはいえ、一つ一つを見るとやはりあざやか。

f0066555_1714161.jpgf0066555_17145513.jpgf0066555_171532100.jpg


 きれいに咲いている花のそばに、萎れた花があると少し残念に思う。 この公園ではこの日も、大勢の人が枯れた花を切り落としたり、雑草を抜いていたりしていた。
 去年この公園に来たのは11月始めだった。 つまり、本格的な「秋のばら」のシーズンは来月だと思う。 この人達はその準備をされているのだろう。

 広い公園だからバラだけでなく、たくさんの樹木・草花があります。 秋の七草のハギ・キキョウ・ススキ・クズ・オミナエシなども見つけました。 ナデシコ・フジバカマはどこかに咲いているんでしょうが、気がつきませんでした。

f0066555_17345755.jpg その代わりこんなものを見つけました。
f0066555_1855574.jpg 栗の実や松ぼっくりなどを使って可愛いのが、いくつか作ってありました。
 ブログに載せても「肖像権侵害」とかにならないと思うが…

 そして、ラッキー、そこからしばらく行った散策路で。
 (最近近くより遠くの方が良く見えるようになった)妻が、「あっ、栗!」と。 近くの栗の木から実が落ちていたんです。
 小さいけど、11個も拾いました。
[PR]
by t_ichib | 2006-09-21 16:49 | 今日もまた留守にしています
<< 運動会 久しぶりの春音 >>