朝早く
 まだ現役だった頃、「土日だけでもユックリ寝ていたい」と、よく思ったもの。 だから退職する時、(昼近くまで寝るような)だらしない生活を恐れた。
 実際には7時過ぎまで寝ているようなことはなく、いくらか自分を褒めてやりたいくらい。

 それでも5時に起きるなんて…。 そして、6時には家を出た。
 前日、大台ケ原に出かけることにしたため、片道がおよそ4時間と考え、10時頃には着くようにと。
 東名阪高速で亀山まで、そこから名阪国道で針ICまで。 名阪国道を走るのは始めてだったが、驚いた。 自動車専用とはいえ、一般道なのに60Kmで走っている車などほとんどない。
 最近、法定速度見直の報道を聞くが、郊外道路や自動車専用道路は見直していいと思った。

 大台ケ原には10時半着。 途中休憩したり、お弁当を買ったりしたので、ほぼ予定通り。
 日出ケ岳→正木ケ原→牛石ケ原→大蛇嵓→シオカラ谷と4時間の散策。

f0066555_9222220.jpg 1600mのこの付近の紅葉は終わっており、落ち葉を踏んでの散策。
 正木ケ原の立ち枯れの木。 伊勢湾台風(1959年)の被害が原因とあるから、50年近くこの姿をとどめている。
 森の再生への取り組みがされているようなのだが、この神秘的な景観にも心惹かれる。

f0066555_942353.jpg 足元が恐ろしい大蛇嵓の先端。 そこまで這うように進み、眼下の紅葉と山並みを。
 そこからシオカラ谷経由で、駐車場に戻る。 沢まで一気に降る。
 その後の上りはきつかった。 若い人に(同年輩にも)ドンドン追い抜かれながら、2回も休憩を取り、やっとの思いで駐車場に戻る。

 大台ケ原は、私たちにとって32年ぶりになる。 大学時代のサークル仲間6人で来たのだが、驚くほど何も覚えていない。
 当時のポンコツカーの故障に悩まされた記憶ばかりが。 ←それが懐かしい。
[PR]
by t_ichib | 2006-10-26 23:34 | 今日もまた留守にしています
<< 馬籠・妻籠 ふわふわドーム >>