せせらぎ街道の紅葉
 各地から紅葉の便りが届くこの時期。 ただ、我家の近くではもう少し先。
 というわけで、2、3年前に車で通ったせせらぎ街道のすばらしい紅葉を「もう一度…」と出かけることに。
 最初に東海北陸道を飛騨清見で降り、宇津江四十八滝(飛騨市国府)へ。

f0066555_2205347.jpg 以前にも、ここに来たことがある。
 まだ雪が残る3月、奥へは入れず、全体の1/3位しか見ることができなかった。
 その残念な気持ちから、もう一度行きたいというのが、妻のたっての希望。

 48と言うのは、たくさん有るという程度の意味だが、それでも渓谷の入り口の看板には、魚返滝から上平滝まで、名をつけられた13もの滝がある。

 紅葉に映えるこの滝、たくさんあったので、どの滝だったか分からなくなってしまった。

f0066555_22313164.jpg ここまで来たのなら、「すぐ近くだから」と、もう何年前になるのかNHKの朝ドラ「さくら」の舞台となった古川へ。
 ここも2度目だが、「以外に小さい町だったんだ」という気持が。
 最初のときは、○○美術館・○○会館など丁寧に一つ一つ見て回ったせいか。 今回はちょっと駆け足…
 JR古川駅近くで、昼食。 2004年の23号台風の被害で、古川より先が不通となった。
 やっと1年前、一部区間が運転再開。 が、全線の再開は2007年だそうだ。 う~ん。

f0066555_22493587.jpg 「せせらぎ街道」というのは、高山から郡上八幡へ抜ける県道に付けられた愛称。
 紅葉の美しさで知られているが、この日も期待を裏切らない。 赤も黄も。
 たくさんの観光客が、いくつものポイントで車を止め、散策し、写真を撮ったりしていた。

 郡上からは高速に上がらず、国道を走る。 美濃・関を通りかかる頃、助手席からは「この道をあっちに曲がるとどこに着くんだろう? 今度、行ってみたい」との声。 帰りつく前に、もう次の話かぁ…。
[PR]
by t_ichib | 2006-11-08 23:17 | 今日もまた留守にしています
<< ロタウィルスの猛威 中山道赤坂宿まつり >>