ロタウィルスの猛威
 いやぁまったくヒドイ目にあった。

 先週の金曜日、娘から久しぶりに春音の面倒を見て欲しいといわれ、ジジババは喜んで迎えに行ったのだが…
 夕食を終え、寝かしつける頃になっても元気イッパイ。 だったのに、いったん寝ついた12時過ぎになって、吐いた。 添い寝をした妻によれば、その後も2、3度。
 翌土曜日も余り元気が無く、夕方迎えに来た娘夫婦と帰っていった。

 日曜日、日頃元気な妻がフラフラになって吐いた。 そして、婆・母・爺・父の順(春音との密着順?)に全滅。
 元看護師の妻によれば、胃腸風邪(ロタウィルス)とか。 乳幼児の病気だと思ったのに、大人にまでこんなに猛威を振るうなんて。

 月曜の朝には、春音の吐き気が治まったので一安心だが、大人たちは全員ダウン。 午後になって妻がやや回復。 翌日は娘が会社に出勤。
 気力で病に立ち向かうのは妻から受けた体質か。 やや挙弱体質な亭主に悩むのも母娘のDNAか

 と言う訳で、一番情けない私はやっと今日になって起き出すことができた。
 ちょっとありがたくないお土産を持ってきた春音だが、また来て欲しい。 それまでにきっちり回復しておかなければ…。
[PR]
by t_ichib | 2006-11-16 09:12 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< ロタウィルス、その後のこと せせらぎ街道の紅葉 >>