ロタウィルス、その後のこと
 その1 ご迷惑をかけました

 14日(火)は、私の元の職場のOBで日帰りのバス旅行の計画があった。 直前のキャンセルなので、先にやや回復した妻に断りの電話と会費の半額+アルファを持っていってもらった。
 OB会の旅行はいつもぎりぎりの予算。 前回も参加者が少なく、やむを得ず当日会費を1000円アップせざるを得ないなど、幹事さんはご苦労されている。
 前日のキャンセルで迷惑をかけたのに、帰って来た方からお土産(人数分用意したお菓子など)までいただいた。

 その2 春音の回復は今一つ

 電話で聞いている限りでは春音は元気らしいと一安心していたが、金曜日になって保育園→娘→妻へと「SOS」が。
 大急ぎで保育園に駆けつけ、春音を受け取る。 抱き上げようとすると手を差し出すが、いつもの元気・表情がない。
 娘たちのマンションに連れ帰り、寝かせつける。 3時過ぎに目を覚ました時、持参したカステラを少しとミルクプリンを食べ、ようやくいつものような笑顔と言葉が出るようになった。

 夕方、まずお父さんが帰宅。 それまで私の膝で一緒に絵本を読んでいたのに、トコトコと「トータン」と呼びながらお出迎え。
 「いくら頑張ってもお父さんにはかなわない」と、私の悲哀
 やがて娘が帰宅。 「チャーチャン」と声をかけお母さんに抱っこ。 お父さんがもう一度抱き取ろうとすると、嫌がって泣く。
 「もう、ハルは優先順位がしっかりしているんだから…」と、今度は彼の悲哀
 お父さん、あっちにはオッパイがあるから仕方ないよ。

 土日を親子3人でゆっくり静養した後、月曜夜には「元気になったよ」との電話のついでに、「ユ○ちゃん(妻の名)」、「タ○ちゃん(私)」と言えるようになったと聞く。 安心と目じりの下がる思いの電話だった。
[PR]
by t_ichib | 2006-11-20 20:55 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 兄弟揃っての旅行 ロタウィルスの猛威 >>