兄弟揃っての旅行
 18(土)、19(日)の2日間、恒例となった妻の兄、姉、妹達と私のようなそれぞれの付属品を加え、総勢7人での旅行に出かけた。 学校行事が重なり、子供達は不参加。

 今回の行き先は山梨県の川浦温泉。 私たち以外は豊橋に住んでおり、会って相談することができる。 私たちへも電話で頻繁に連絡がもらえる。
 計画の中心は妹。 前回に引き続き、夫婦であるいは職場で行ったことがある所から、目的地を選んだそう。
 1台の車でワイワイと行きたいと、レンタカーを借りての出発。

f0066555_8414489.jpg 1日目は昇仙峡で遊ぶ。 ここまでの道も、写真のロープウェイからのながめも紅葉が実に見事だった。
 せっかく山梨に来たんだから(お腹も空いたし)と、ほうとう鍋・岩魚の塩焼・おでんなどで、昼食をとってから歩き回る。
f0066555_850567.jpg ロープウェイの駅から弥三郎岳まで、15分ほどを歩く。
 最後の方は怖いような、這い進むようなコース。 何とか先端までたどり着き、何枚かの記念撮影。
 あいにくややうす曇、富士山はかすかに見えたような気がした…?。
 近くの山々ははっきり見え、「アレが甲斐駒」とか教えてもらった。

 宿泊は山○館とかいう、老舗温泉旅館。 料金の割りにサービスが、「ん?」と思うような面があり残念でした。 1本しか飲んでないビールを2本分請求されていたり。
 とはいえ、温泉は湧出量毎分1,250リットルと豊富で、旅の疲れを充分に癒して、ユッタリと浸たることができた。

f0066555_9235164.jpg 2日目は朝から小雨。 天気予報では午前中は曇りくらいと言っていたのに。
 西沢渓谷というのは紅葉で有名な所だそうだが、少し遅かったよう。
 前の週、旅番組で有名女性歌手が同じコースを歩いたとかで、「負けてなるものか」と頑張ることに。
 兄弟の年の順で足に差があり、ともすれば前と後の差が開く。 私たちは下から2番目なのに、旅行の前日に妻が足の筋を痛め、最後尾。

 写真は七ツ釜5段の滝。 このコースの1番最後。
 傘を差しての1周5時間を歩き通して、兄や姉たちも次回の旅行への自信を深めたよう。

 帰り道はずーっと雨の中。 東名高速を飛ばして、豊橋に帰りつき一緒に夕食をとり、お別れ。
 帰りの車中で、次回の相談をするほどの元気さ。 …お疲れ様。
[PR]
by t_ichib | 2006-11-21 09:54 | 今日もまた旅の空
<< ようやく地元でも紅葉が ロタウィルス、その後のこと >>