「む~~で、ひ~~て♪」
 昨日娘から頼まれ、春音を保育園に迎えに行った。
 急な会議が入ったとか、それも夕方からで遅くなりそう。 旦那のほうもこのところ、納期の迫った仕事を抱えており、帰宅は毎日8時過ぎで、お迎えは無理。
 で、我家へ「連れて帰って欲しい、私も今夜はそちらへ泊まる」とのこと。 春音が我家に泊まるのは、先月のロタウィルス騒ぎ以来。 ジジババ馬鹿にとって、断る理由は何も無い。

 保育園からの帰り、車の後部のチャイルドシートの春音と隣の妻とで、冒頭の歌の大合唱。 保育園で習っているお遊戯らしく、たぶん手も足も動かしているのだろう。
 私は前方を見つめ、ひたすら安全運転。

f0066555_8532816.jpg 今日は前日の暖かさと打って変わっての肌寒さ。
 外へ連れ出すにも手袋・靴下など重武装が必要。

 その身支度も私達の手を払いのけて、自分でするという。
 働く母親にとって、ありがたいことなのか。 今のところはかえって手間がかかるようだが。

 妻が片付けなどで部屋を出ると、「ゆッ○ちゃん(妻)、いないね」と2語文が出た。 秋ごろから爆発的に単語が増えているが、ちゃんと文章になった。 今回の新しい発見。

f0066555_91122.jpg お出かけの時の脱線の1コマ。
 出かかったのに家の中に戻り、おやつ程度の餌を与える。

 この猫も半分我家に住み着いているノラ。 餌をねだって、ニャーニャーと擦り寄ってくるのに、触ろうとすると逃げる。
 この春音くらいが、猫にとってちょうどいい位置。

 今日は保育園をお休みして、ジジババと遊ぶ。 春音の好物をと、妻が作ったロールキャベツをお土産に、夕方には近くの駅で娘に春音を渡す。
[PR]
by t_ichib | 2006-12-21 08:18 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< 年末らしさ 木曽三川公園のイルミネーション >>