冬の畜産センター
 「日中の最高気温15℃」という天気予報に誘われて、1時間ほどで出かけられる岐阜畜産センターへ。
 近場なので、ゆっくりと10時の出発。 やや肌寒く、2人ともダウンのコートという重武装。 途中の道路わきの温度表示も、その時間でもやっと5℃。
 天気予報に少し疑問を感じても、ここからは引き返せない。

f0066555_16471327.jpg 子供たちであれば牛や馬などの動物が見たいだろうが、私達は畜産センターの裏山をハイキング。
 今の時期であれば、椿の花が咲いている。(やや早かったが)
 重武装のまま歩き出したが、じきに暑くなる。 脱いで手に持ったり、腰に巻きつけたりして歩くことに。
 持参したパンとコーヒーで昼食にして、ふと見ると今まで通ったことの無い道があるのに気づく。 歩き始めて表示板で「フルーツの森」だと分かった。
 色んな季節に時々来ていたのに、初めて気づいた。 みかん、りんご、すもも、さくらんぼ…。(今はなっていない)

f0066555_1755777.jpg 裏山から畜産センターに戻って、通りすがりに動物達を見ていく。
 この時期(鳥インフルエンザ)、鴨、孔雀、鶏などのおりはあまり近づかないで。
 そして、「ウサギってトンネルを掘るんだ」と声に出してしまった新しい発見。

 この時期はあまり訪れる人は少なく、まして平日。 閑散とした広い敷地に親子連れ(祖父母・孫)が2、3組。 裏山のハイキングコースでも1組の夫婦連れに出会っただけだった。
 ノンビリしての帰り道、道路の温度表示は16℃だった。 疑問だなんて言って、東海地方のお天気キャスターの○尾さん、ごめんなさい。
[PR]
by t_ichib | 2007-02-05 17:36 | 今日もまた留守にしています
<< 春を予感させる花 雪の白川郷 >>