春4月、新たな気持ちで?
 昨日の4月1日は日曜日。 と言う訳で今日、入社式を向かえ不安と希望の新しい気持ちで、社会人のスタートをきる人も多いだろう。
 また、わが息子などの入学式は、4月6日くらいが多いはず。 その頃には子供たちばかりでなく、母親達もきらびやかに装い町を行くのを見かける。
 わが息子は高校の卒業式からは「来るな!」と言ったが。

 一方、「新たな気持ち」どころで無い人も少なくないはず。 (私にも経験があるが)年度末までと期限をきった開発の仕事など、絵に描いたスケジュールどおりには行かず、原因不明の致命的な欠陥が見つかったり…。

 今、春音のお父さんがそれに捕まっている。 6時には帰ってきていたお父さんが、2月くらいから8時になり、10時過ぎになり、終電に間に合わずタクシーで帰宅したり。
 私たちもしばらく会っていないが、心配なくらい青い顔をしているとか。

 つらいのは彼ばかりではなく、娘も家事育児を1人でこなさねばならず。 そして春音は大好きなお父さんが帰って来るのが、寝付いてしまってからだし。 たまのお休みも、グッタリして寝ているし。

 そして昨日は、日曜だというのに、会社に出勤。しばらく前からは土曜日はずっと出勤。

f0066555_10502035.jpg その土曜日、お父さんに代わって花フェスタ公園に連れて行った。
 園内は春の花は少なく、少し寂しい。
 が、春音にとっては長~い滑り台に乗れてご機嫌。 「もう終り」と声をかけてからも何回も

 霧のプロムナード前での写真では、園で貸し出ししているベビーカーに乗っているが、実は嫌がってほとんど自分の足で歩いた。
 「感心!」、その代わり道草が多い。 気がつくとず~っと後の方に。

 春音のお父さん、そして「桜どころでない」たくさんの(きっと)人、もう少しの間がんばって下さい。
[PR]
by t_ichib | 2007-04-02 11:31 | 今日もまたジジ馬鹿・親ばか
<< はしご○○ またもやフライング >>