水芭蕉
 この時期の花として、是非見たいと思っていた水芭蕉。
 少しでもお天気の良い日をと、毎日天気予報とにらめっこしてして、昨日ひるがの高原へと。

 すでに連休、岐阜県内の東海北陸道でも帰省ラッシュが。 いやもしかすると、連休を利用しての高山方面への観光かもしれないが。
 東海北陸道は、美並インターを過ぎると1車線になる。 快調に走って来た車の流れが、1車線になる直前にストンと止まる。
 1車線になってからも、ノロノロ運転は続く。 このあたりはトンネルの連続。 そこでの減速が渋滞になるのか。 やがて、再び流れがよくなり、高鷲インターからひるがのへ。

f0066555_8365668.jpg 国道156号線沿いに、いきなり水芭蕉の群生地。
 スキー場のリフト乗り場の近くなど、3ヶ所に群生している。
 後方には大日岳がなだらかなすそを引いており、実に雄大。

f0066555_8531165.jpg 訪れた観光客は口々に「今年は花が小さい」とか、「ここのは小さい」とか。
 どちらも本当かもしれないと思って、水芭蕉を見る。

 数年前、北海道の知床5湖を散策した時、(6月だったので)花の時期を終えた葉が余り大きいので「これは何?」と聞き、水芭蕉だと知った時の驚き。
 このあたりは水芭蕉の育つ南限とか、もっと寒い地の方が大きく育つのか。

f0066555_995329.jpg そして2月は暖かく、4月は寒い日が続いたりで、今年の天候は水芭蕉に良くなかったのか。

 ここには座禅草も咲いているが、同じ理由でもう一つ鮮やかでないような気もする。
 中で座禅をする「お坊さん」は、赤いのと白いのがあった。 生育につれ色が変わるのか、もともと色が違うのかは、分からなかったが。

f0066555_9234422.jpg この辺りが水芭蕉の群生地とは知らず、以前ここを通っている。
 そして、さほど離れていないこの分水嶺公園に立ち寄ったことがある。

 奥のほうから流れてきた川の流れが、右は荘川を経て日本海へ、左は長良川から太平洋へと。 この公園内の散策路にも、水芭蕉・座禅草とも咲いている。

 もう一つ、妻が楽しみにしていた旧荘川村の「荘川桜」はほとんど蕾。 一方、旧白鳥町の「藤路の桜」終わっていた。
 車で走っただけでは、土地の高低・季節の訪れの差は分からない。

 ひるがの高原は旧高鷲村にあり、初めて知ったのだが、「蛭ヶ野」と書くようだ。 ひらがなでは暖かく、漢字ではコワイ。
[PR]
by t_ichib | 2007-04-30 09:49 | 今日もまた留守にしています
<< 員弁(いなべ)の牡丹園 蛇口 >>