員弁(いなべ)の牡丹園
 時々通る山の中の国道306号線、岐阜県の上石津から三重県の藤原に抜ける道に、「梅林公園」の標識を前々から見かけていた。
 3月頃、その標識に沿って更に山中の県道を進み、梅を見に行った。 その時、「近くに牡丹がきれいな所がある」と教えていただいた。

 そんな偶然から、私たちは初めて知ったのだが、会場の駐車場には三重県だけではなく、名古屋など他県ナンバーの車で一杯。 結構有名なんだ。
 4/28~5/4間での「牡丹祭」の期間だけは有料。 入場料を払って会場を歩き出した途端に、カメラを忘れてきたことに気がつく。 …すごく悔しい。

f0066555_9513626.jpg 残念さのあまり、会場の職員に嘆いていると、「夜間、ライトアップをしますよ。 今日中であれば、その入場券で何度でも入場できます」と。

 と言う訳で、少し明るさの残る時間に再入場。 山の中なので実に広い、「普通?の牡丹園の3つ分くらい有るかな」などと思いながら。

f0066555_95884.jpg あまり見かけない種類の花、「島錦」とあった。
 会場全体では「7分咲き」だそうで、まだ蕾の固い品種もあった。
 祭の期間を終えると、牡丹の木を守るため花を切り落とすそうだ。 花をつけなかった蕾のものも。 ちょっとかわいそう。

f0066555_1075033.jpg ライトアップされ始めたばかりの会場。 上空に月が浮かぶ。

 会場は山の中、「夕食の後ブラブラと歩いて行って見ようか」と思うほど近くもない。
 昼間はあれほど賑やかだったのに、着いたころは私たち以外には数組。

 私たちはライトアップから2~30分で帰ってきたが、その頃でも駐車場には30台ほどの車しか。
 照明、発電機などの機材を揃えた意気込み程には、人が集まらず少し気の毒。 私達もカメラを忘れなかったら、ライトアップを見に来てなかっただろうし…。
[PR]
by t_ichib | 2007-05-01 10:23 | 今日もまた留守にしています
<< 垂井町の曳山まつり 水芭蕉 >>