大野町バラまつり
 隣の隣くらいの近くの町、大野町のバラ公園に行ってきた。
 今週末19、20日に「バラまつり」が、開催される。 大野町に住む知り合いから、「もうすぐですよ」とお誘いを受けた。

 残念ながら、この週末は都合が悪い。
 でも、わが家のフェンスに這わしているツルバラをもう少し増やしたい。 わが家のツルバラはすべて大野町で買った。 その兄弟か親戚達を。
 たまたま、岐阜方面へ出かけるついでがあり、午前中出かけてきた。

 この季節には今まで何度も来ているが、バラが本当にキレイに咲いている。
 大野町は大垣市、岐阜市などにも近く、ベッドタウンとなっていると思うが、「バラと柿の町」と言われているように、水田のほかに柿畑などの田園地帯という感じ。

 が、田舎町とあなどるなかれ。 青いバラ「ブルーヘブン」が、誕生した地でもある。 専門家でもない私には、それがどれほどすごいことなのかは分からないが…。
 町の人の意気込みは、道路沿いにもバラにも感じられ、道行く人を楽しませてくれる。 そしてこのバラまつりの前後2週間くらいは、会場でバラの苗を販売している。

 私達が着いて間もなく、途中で追い越してきた近くの保育園の園児たちがやってきた。
f0066555_1533233.jpg 年長の子供たちが歌と踊りのリハーサル。
 公園の中央に丸い催し物ができる広場がある。 きっとここで、まつりのイベントとして披露されるのだろう。

 思いもかけない出しものに、私たち同様たまたま居あわせた人々は、写真を撮ったり拍手を送ったり。

 さて、肝心のバラの苗。 お店の人に色々聞いたりしていた妻が手ぶらで戻ってくる。
 「明日から旅行に出る」と言ったら、「植え替えて1週間の水遣りが大事」と、旅行から帰ってからきてくださいと言われたと。
 ただ売ればよいというのではない、お店の人の優しさに感謝。
[PR]
by t_ichib | 2007-05-16 15:25 | 今日もまた留守にしています
<< オーストラリア旅行1 トラブル... おいしいお礼 >>