みたけの森ササユリ
 去年の6月半ば、みたけの森までササユリを見に行った。 満開だと思ったが、地元の人達は「もう1週間前が1番だった」と言っていた。
 「じゃあ、今日でもちょっと早い程度かな」と、出かけていってみたが、思っていたよりは早すぎた。

f0066555_12485041.jpg 蕾でさえ、まだまだ固そう。
 遊歩道を歩き始めた頃、もう帰り始めたご夫婦に出会う。
 「そこで、やっと1つだけ咲いているのを見た」と、おっしゃる。

 すれ違ってから間もなく、「立入禁止」のロープのずいぶん先に1輪見つけた。
 「あ~あ、今日はこれっきりか…」と。
 が、少し上の方に向う遊歩道に足をのばすと、あっちにもこっちにもと、何輪もの花を見つけた。
 きっと、さっきの方はお近くにお住まいで、「また来週にでも来よう」と足をのばすこともなく、さっさと帰られたんだ。

 私たちは近くではないので、もう少し欲張って上の方へ登る。 去年はもう少し上の斜面でもたくさん見つけた。
 が、今年はたまに見る蕾も、下よりも固い。
 登ったといっても、せいぜい高さでは3~40mほど。 それでも花の時期にすると、こんなにも違うのか。

f0066555_13191357.jpg 時間が余ったので(当初の予定でもあったが)、早々と花フェスタ公園に向う。
 たしか、土日は夜間ライトアップをしていたとか。

 今年はすでに色んな所でバラを見てきているが、やや遅いのか枯れ始めた花もある。

f0066555_13243148.jpg テレビでも紹介されていたブルーへブンも、やや枯れ始め。
 もともと、バラには青い色素がないそうで、世界中の人が青いバラを作り出す夢に挑んでいるそうだ。

 青く見えているバラもあるが、やはり青というより紫…
 その中で、このブルーへブンが最も青に近いとか。 ほとんど白に見えてしまうが、ほんのり青も感じられる。
[PR]
by t_ichib | 2007-06-05 13:36 | 今日もまた留守にしています
<< 久しぶり もう少しオーストラリアのことを >>